セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

株式投資の儲け方!儲かる仕組みと損する仕組み

   

株式投資は国内でも大人気の資産運用手段のひとつです。

これから株式投資を始めようと思っている人は具体的にどのようにして株式投資で儲けるのか、あるいは損が出てしまうのかを理解しておく必要があります。

株で儲ける仕組みとして

・値上がり益(キャピタルゲイン)
・配当金(インカムゲイン)
・株主優待
・貸株サービス

が挙げられます。まずはこれらからチェックしてみましょう。

値上がり益(キャピタルゲイン)


値上がり益、というのは株式投資における基本的な稼ぎ方のひとつです。所持している株の株価が上がった時に売却することで利益を得よう、というのがこの考え方。

株の世界だけに限ったことではありませんが、利益を出すためには「安く仕入れて高く売る」のが基本となります。株式投資の場合で言えば、株価が安い時に購入し、株価が高くなったときに売却する、という流れになります。

例えば、株価100円の銘柄を100株購入したとします。ここで必要になる費用は1万円です。この銘柄を保有し続けていたら、その企業の業績がアップして株価が120円までアップしました。もしこれを売却すれば、120円の銘柄を100株売却するわけですので、1万2000円が手元に入ってきます。つまり、トータルで2000円の儲けになるわけです。

もちろん逆の可能性もあります。100株購入したのに、しばらく時間が経って株価が80円まで下がってしまいました。このとき売却すると8000円しか帰ってきません。つまり2000円の損失になります。

この仕組みが株トレードにおける基本中の基本となってきます。トレーダーは常にパソコンで株価をチェックし続けているイメージがありますよね。それは株を購入するタイミング、売却するタイミングを見極めるために株価に張り付いているわけです。

配当金(インカムゲイン)

配当金というのは企業が株主に対して会社の売り上げ、利益を還元するものです。例えば1株保有ごとに10円の配当金、といった具合です。もし100株保有していれば、1000円の配当金がもらえることになります。

配当金は1株当たり見るとあまり金額が大きくないように感じられるかもしれません。しかし、保有株数に比例してもらえる金額が大きくなっていくわけですので、たくさんの株を持っていると莫大な配当金が手元に入ってくる可能性があります。

仮に配当金が1株あたり10円の銘柄を1万株持っていたとしましょう。すると権利確定日ごとに10万円の配当金が入ってくることになります。これは長期的に見ると結構な儲けになる、とは思いませんか?

ただし配当金は企業の業績の善し悪しがダイレクトに反映します。例えば業績が良い企業なら配当金を増やすこともありますし、業績が悪いと配当を減らすこともあります。場合によっては配当金そのものが配られないことも。

配当金の良いところは、権利確定日に株を保有していれば配当金がもらえるわけですので、極端な話をすれば権利確定日以外は保有していなくても、当日だけ株を購入して、配当金がもらえることが確定したらすぐに売却しても良いわけです。これは次に紹介する株主優待でも同じことが言えます。

株主優待

株主優待は会社側から株主に対して「うちに投資してくれてありがとう」という気持ちを込めた贈呈品です。用意されている株主優待の内容は各企業によって異なります。例えば自社製品3000円分を贈呈、グループ店舗で使えるお食事券、割引券、施設の無料利用権など実に様々。

株主優待は全ての企業が実施しているわけではありませんが、株主優待の内容が良い企業ほど投資家のことを大事に思っている傾向にあります。そのため、株を手放したがらない投資家が多く、株価が安定しやすいという部分もあります。

配当金と同じように、権利確定日に株を保有していれば株主優待が受け取れるので、権利確定日直前に株を購入し、株主優待が受けられることが確定したらすぐに株を売却する、といった手法も取れます。

貸株サービス

大量の株を保有している人なら証券会社に対して保有している株を貸し出すことで儲けられる場合があります。株を貸す代わりに金利を受け取れるわけです。

貸株サービスは各証券会社によって金利が異なりますが、最近の傾向をみると大体年間0.5%くらいの金利が手に入るようです。これでいくと、100万円分の株を購入して証券会社の貸株サービスを利用した場合、年間で5000円の利息が受け取れることになります。

ですが現状としては貸株サービスを実施している証券会社はあまり多くはありません。

まとめ

株で儲けるには基本的にはこれらがメインになってきます。これら以外にもいくつか稼ぎ方はありますが、それはある程度株式投資に慣れてから取り組むべきでしょう。

やはりメインになってくるのは「値上がり益」によるものです。いかに安く株を購入し、株価が上がった時に売却できるか。非常にシンプルですよね。

最近だと値上がり益のことは考えず、配当金と株主優待を中心にした資産運用を検討している方が増えてきています。テレビなどで見かける機会が増えてきた「桐谷さん」の影響も大きいのではないでしょうか。彼は株主優待生活で日々の暮らしを過ごしている、という何ともうらやましいプロのトレーダーです。

株式投資はハイリスク・ハイリターンなイメージがありますが、配当金や株主優待を中心とした投資ならそこまで大きなリスクに繋がることはそうそうありません。ですので、最初は株主優待目的で始めてみても良いのではないでしょうか。ある程度取引に慣れてきたら信用取引などにチャレンジしてみるのも良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

住宅ローンなどを節約するために繰り上げ返済をするのは本当に効果的?

まず繰り上げ返済の効果を知っておこう! 住宅ローンなど、高額な買いものでローンを …

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

国が破綻することはないという常識はなくなった現代 借金が1000兆円もあり、もは …

景気に左右されずに株で儲けるには?上手な銘柄選び

株式投資というのは、どのような銘柄が良いのでしょうか。やはり、少しでも儲けやすく …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

史上最大の株式大暴落「ブラックマンデー」について振り返ってみよう

これから株式投資を始めよう!と思っている人は当然利益を期待しての行動でしょう。 …

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …