セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

   

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が挙げられます。

空売りをざっくりと説明すると「所有していない株を売る契約を結ぶ」というものです。

空売りをするためには、証券会社の信用取引を利用する必要があります。証券会社から株を借りてそれを売却。株価が下がったタイミングを見計らって買い戻します。あとは買い戻した株を証券会社に返却し、手元に残ったお金は利益として懐に入ってくる、というわけですね。少し具体的に紹介してみましょう。

例えば現在100万円の株があったとします。しかしこの株の株価は下落が予想される…。そこで証券会社から100万円分の株を借りて、その場で売却します。この時点で100万円手元に入ってきます。それからしばらくして、株が90万円にまで値下がりしました。この時点でこの株を買い戻します。必要となる費用は90万円ですので、10万円手元に残ります。あとはこの株を証券会社に返却して、手元に残った10万円はそのまま利益になる…ということです。

空売りはこのようなテクニックになってくるため、利益を出すためには「この先値下がりするであろう銘柄」を狙っていかなくてはなりません。普通の株式投資の場合だと「将来値上がりしそうな銘柄」を狙うのがセオリーですよね。

空売りのメリット

空売りの最大のメリットは「値下がり局面でも利益が得られる」ということです。普通のやりとりだと株価が上がりづらい状況になると、どのタイミングで株を購入し、どのタイミングで株を売却すればいいのか掴めないものです。そのままズルズルと株を所有し続けて、結果的に株価が下がってしまったら損失に。

しかし信用取引の空売りという手段が出ることで、値下がり局面になっても対応できるようになります。ちなみに、株式投資をやったことがある方なら経験済みだと思いますが、値上がりよりも値下がりの方が急角度になりやすいです。つまり、空売りを上手く活用できれば一気にまとまった利益が得られる可能性もあります。

空売りは注意しなくてはならないポイントがたくさん

空売りは上手くいけば利益のチャンスを増やせます。しかしいくつかの注意点もあるのであわせて確認していきましょう。

逆日歩が存在

空売りをする時には「逆日歩」に注意しておかなくてはなりません。これは簡単に説明すると「証券会社から株を借りるために支払う利子」です。

この逆日歩は銘柄ごとに設定されています。例えば0.1の逆日歩が設定されている銘柄は1日1株当たり0.1円の利子を支払わなくてはなりません。もし100株を保有しているなら、1日あたり10円ずつ利子を払う必要が出てきます。

逆日歩に関しては各証券会社、各銘柄によって必要な金額が異なってきますし、そもそも必要ないこともあります。ですが、空売りによるコストに直結する部分ですので、事前に各銘柄の逆日歩をしっかりと確認することを怠らないようにしましょう。

追い証

株価が下がると思って空売りに踏み切ったのに、逆に株価が上がってしまう。もしもレバレッジをかけていた場合、追い証を支払う必要が出てくる可能性が出てきます。

信用取引は現金や保有株を担保にして証券会社から資金や株を借りているわけですので、レバレッジをかけられます(最大3倍まで)。もし購入した銘柄、あるいは担保に入れている銘柄の株価に大きな変動が起こった場合、担保が足りない、という事態も起こりうるわけです。そんなた時に「追加で証拠金を入れてね」と証券会社に迫られます。これが追証。もしも追い証を支払えなかった場合、自動的にポジションが決済されてしまいます。具体的には買った銘柄を売る、売っていた銘柄を買い戻すのいずれか。

これは空売りだけに限った話ではなく「買い」から入った場合も同様です。

追証を支払って延長戦に臨むのか、あるいは潔く負けを認めて次のトレードに臨むのか。あるいは追証が発生する前に「損切り」に踏み切るのか。

このあたりのバランスはなかなか判断が難しいところではありますが、個人的には損切りを徹底して追証は避けたほうがリスクは軽減できると思います。

まとめ
空売りは是非とも覚えておきたいテクニックのひとつです。それなりのリスクはあるものの、やはり収益の機会が増大するのは大きなメリットだと言えるでしょう。

逆日歩や追証などのリスクをしっかりと理解した上で、上手く空売りを使った立ち回りも勉強していきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …

東京オリンピックに向けてスポーツ株で儲けよう!

合わせてNISAも活用すれば税金対策もバッチリ! 2020年に東京オリンピックと …

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

制度信用取引は一般的な信用取引のこと!特徴やメリット、デメリットをチェックしてみよう

信用取引には大きく分けると「制度信用取引」「一般信用取引」の2つがあります。 一 …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

国が破綻することはないという常識はなくなった現代 借金が1000兆円もあり、もは …

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。 これに …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

史上最大の株式大暴落「ブラックマンデー」について振り返ってみよう

これから株式投資を始めよう!と思っている人は当然利益を期待しての行動でしょう。 …