セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

制度信用取引は一般的な信用取引のこと!特徴やメリット、デメリットをチェックしてみよう

   

信用取引には大きく分けると「制度信用取引」「一般信用取引」の2つがあります。

一般的に言われている信用取引は「制度信用取引」の方を表していることがほとんどです。ということで今回は制度信用取引について紹介していきます。

制度信用取引の特徴

制度信用取引は株取引の大本となる「証券取引所」がルールを作っています。それぞれの証券会社はこのルールに従って制度信用取引を提供している、という形になっています。
ルールを決めているのは証券取引所なので、当然いずれの証券会社を利用しても共通のルールが適用されるわけです。具体的には次のようなものがあるられます。

6ヶ月間の期限が設けられている

制度信用取引の場合、証券会社から借りた資金や株は6ヶ月間のうちに返さなくてはなりません。

金利が割安になりやすい

制度信用取引の場合金利、貸株料などが共通しています。一般信用取引と比較すると金利が1%ほど低い傾向にあります。

銘柄に信頼性がある

上記した金利とも関係があるのですが、制度信用取引に用いられている銘柄は「証券取引所の選定基準を満たした銘柄のみ」となっています。つまり、それだけ信頼性が高いと判断できるわけです。

使える銘柄は限られる

制度信用取引で取引できる銘柄は証券取引所の選定基準を満たしていなくてはなりません。そのため、一般信用取引と比べると使える銘柄がかなり限られてきます。

新規売りができる

新規売りは空売りとも呼ばれている信用取引のテクニックのひとつです。要するに、証券会社から株を借りて、それを売り、株価が下がったタイミングで買い戻して証券会社に返却する。この時の差額が利益になる、というテクニックです。
後述する逆日歩のリスクはあるものの、株価の下落が続いている状況で利益を生み出すチャンスが得られるため非常に有効。ぜひ覚えておきたいテクニックです。これは一般信用取引ではできないことがほとんどですので、制度信用取引の大きな強みのひとつだと言えるでしょう。

新規公開銘柄(IPO)の取引は若干遅れる

株式投資における大きなチャンスのひとつとして新規公開銘柄(IPO)がありますが、制度信用取引の場合、各取引所が選定して初めて取引できるようになります。そのため、上場初日から取引することはできません。

逆日歩のリスクがある

制度信用取引で注意しなくてはならないのが「逆日歩」の存在です。こちらは売り建てが増えすぎて株が不足した際に追加で必要となる費用です。要するに、証券会社側が株を用意できなくなり、よそから株を借りてきて、それにかかる費用を投資家に払ってください、というものです。制度信用取引の際に逆日歩がかかってくる可能性があります。

まとめ

最もスタンダードな信用取引ということで制度信用取引のことを把握しておくことは重要でしょう。と言っても特に特別な何かがある、というわけでもありません。大まかな特徴をまとめると以下の通り。

・6ヶ月以内に返却しなくてはならない
・金利が多少低い
・選定された銘柄で取引できる
・逆日歩に注意する必要がある

制度信用取引は次のような方にオススメです。

・株価の下落が予想されるときに「売り」から入りたい
・金利による保有コストは極力抑えたい
・長期保有の予定は無い
・新規公開銘柄をすぐに取引したいわけではない

正直のところわざわざ一般信用取引を選択するメリットは無い、と言っても過言ではないほど制度信用取引の方が使い勝手は良いと思います。ただし、株主優待狙いの「つなぎ売り」だったり、逆日歩のリスクなしに空売りをしたいなら一般信用取引を選ぶ必要が出てくるでしょう。また新規公開銘柄(IPO)が上場初日から取引できるのも一般信用取引になります。

信用取引をこれから始めていく、という方は制度信用取引で良いと思います。しかし、もう一歩踏み込んだ信用取引も活用していきたいと考えるのなら一般信用取引の方もある程度は理解しておく必要が出てくるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

株式投資の儲け方!儲かる仕組みと損する仕組み

株式投資は国内でも大人気の資産運用手段のひとつです。 これから株式投資を始めよう …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

収入保障保険で節約しながら残された家族を守る!

シンプルな保険ゆえに保険料が安い! いくら節約をしなければならないと言っても、削 …

株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。 もしかすると「この銘柄は別に欲しくは …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …