セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

株主優待について初心者でも分かりやすく紹介!

   

株式投資は資産運用の定番です。

もちろんお金を増やすことが目的、という人が大多数だと思いますが、株式投資によって「株主優待」が得られます。中には株主優待目当てで株式投資を始める人も多いです。ということで今回は初心者の人でも分かりやすいように株主優待にスポットを当てて紹介していきます。

株主優待が手元に届くまでの簡単な流れをチェックしてみよう

株式投資を始め、株主優待が受けられるまでの大まかな流れを確認していきましょう。

証券会社に口座を作る

株式投資を行うためには証券会社の口座を持っておく必要があります。たくさんの証券会社がありますが、最初は手数料が安いところから始めれば良いと思います。基本的にいずれの証券会社も口座開設料、口座維持費は無料になっているので開設する時点でお金が発生することはありません。

銘柄を選ぶ

各企業によって用意されている株主優待の内容は異なります。例えば、自社グループで使える割引券、特定の施設(ホテルやアミューズメント施設など)の利用券、ギフトカードなどが一般的です。多くは割引券になっています。ですので、普段からよく利用しているお店で使える株主優待を狙っていくのはとても有効な判断だと言えるでしょう。

株の売買

株主優待を受けたいと思える銘柄を見つけたら、証券会社を通じて実際に株の売買を行います。ほとんどの企業は100株以上保有が株主優待の条件となっています。例えば株価が100円の企業なら、1万円分投資すれば株主優待が受けられる、といった具合です。当然株価はその時々によって上下するので、できるだけ株価が下がっているタイミングで購入したいところ。

権利確定日を待つ

株を保有していれば無条件で株主優待が受けられるわけではありません。権利確定日まで株を保有し続けていることが条件です。逆に言えば、権利確定日の直前になって株主優待を受けたい企業の株を購入しても優待が受けられることになります。権利確定日は各企業によって異なりますが、ほとんどは月末付近に設定されています。年に1回のところ、年に2回のところなど条件が異なるのでこのあたりは事前に確認しておきたいところです。

株主優待が届く

権利確定日まで無事に株式を保有し続けていたら、株主優待が発行されます。企業や株主優待の内容にもよりますが、だいたい2ヶ月~3ヶ月くらいで手元に送られてくるでしょう。あとはその株主優待を利用するだけ。割引系の株主優待の場合だと有効期限が半年、もしくは1年に設定されていることが多いので使い漏らしがないように手元に届いた時点で有効期限を確認することをオススメします。

以上が大まかな株主優待が手元に届くまでの流れとなります。

株主優待のメリットは?

どうしてわざわざ株主優待を用意しているのかというと、企業が投資家に対して「うちの会社に投資してくれてありがとう!保有し続けてくれてありがとう!」という気持ちだと考えれば良いです。

何も目的で株式投資を行うかによって株主優待に対するメリットが変わってくると思いますが、配当はそこまで高くないけれど株主優待は相当充実している企業ほど人気が高いです。そして株主優待にきちんと力を入れている企業の方が株価が安定している傾向も強いです。

株主優待は企業によっては利回りが10%近くなるところもあります。例えば、株主優待を受けるために10万円の投資を行って、年間で1万円分くらいの株主優待が受けられる、という夢のような企業もあるわけです。

そうなると「10年間保有し続けないと元が取れない!」と考える人もいるでしょう。しかしそんなことはありません。まず、株主優待だけでなく配当金も存在していますよね。こちらも株主優待と同様、権利確定日に配当されます。金額はそこまで大きくは無いかもしれませんが、株主優待と合わせて考えれば結構な利益に繋がるはず。

そして株主優待を受け取りつつ、株価が上がったときに株を売却すればそれが利益になります。例えば株価100円のときに100株購入し、株価150円のときに100株を売却したら、単純に5000円の利益になりますよね。もちろん必ず株価が上昇するとは限りませんが、株主優待と配当金が得られることを考えると、長期的な資産運用に株式投資が選ばれている理由も見えてくるのではないでしょうか。

株主優待と一緒に配当金も狙う!

株主になると、株主優待と一緒に配当金ももらえるようになります。配当金というのは企業に投資してくれた投資家に対して利益の一部を還元する、というものです。この配当金額は各企業によって異なります。

例えば、1株保有で10円の配当金を用意している企業の株を100株保有している、としましょう。権利確定日までその100株を保有し続けていれば、10円(配当金)×100株=1000円の配当金がもらえることになります。もし1000株保有していれば1万円に。

配当金は保有株数と比例してもらえる金額が増えていくので、たくさん持っているほど多くの配当が受け取れます。

現在日本の平均的な配当は大体2%前後になっています。株主優待と比べると配当金はそこまで多くないように感じられるかもしれませんが、株主優待+配当金で考えれば権利確定日のたびにそれなりのメリットが享受できることが分かりますよね。

まとめ
株式投資で得られるものは株主優待と配当金の2つになります。もちろん、株の売買を行うことによって現金を直接稼ぐことだってできます。

と言っても、株のトレードでお金を稼ぐのは相当な資金がないと難しいです。ですので、資産運用として株式投資を考えているのなら、株の売買による利益ではなく、株主優待や配当金での利益による長期的な視野で取り組むことをオススメします。

株主優待投資向けネット証券ランキング

>> この3社がお薦めの理由を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

中国経済の失速で影響を受ける日本経済と日本人の生活

日本のビジネスモデルが正しいのかどうか問われている 中国の経済が著しく成長してい …

株式投資の儲け方!儲かる仕組みと損する仕組み

株式投資は国内でも大人気の資産運用手段のひとつです。 これから株式投資を始めよう …

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。 これに …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

住宅ローンなどを節約するために繰り上げ返済をするのは本当に効果的?

まず繰り上げ返済の効果を知っておこう! 住宅ローンなど、高額な買いものでローンを …

景気に左右されずに株で儲けるには?上手な銘柄選び

株式投資というのは、どのような銘柄が良いのでしょうか。やはり、少しでも儲けやすく …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …

外国株式投資における為替リスクとヘッジを確認しよう

証券会社によっては「外国株式投資」を用意しているところもあります。 例えばワール …