セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

史上最大の株式大暴落「ブラックマンデー」について振り返ってみよう

   

これから株式投資を始めよう!と思っている人は当然利益を期待しての行動でしょう。

そこに水を差すようで気が引けるのですが、一つ覚えておいて欲しい「事件」があります。それが「ブラックマンデー」です。

このブラックマンデー。史上最大規模の世界的な株価大暴落を言います。

ニューヨーク株式市場で大暴落が起こり、これを発端として世界中の株が大暴落してしまいました。ちなみにブラックマンデーが起こったのは1987年10月19日

具体的には、ダウ30種平均の終値が前週末から508ドルの下落(!)、日経平均株価は3836.48円安(14.90%)の2万1910.08円。これを大事件と言わず何と言うでしょうか。

これが原因で世界中の投資家たちは痛手を負い、多くの人たちは再起不能となってしまいました。

■ブラックマンデーの原因は明確にわかっていない?

この歴史的株価大暴落のブラックマンデーですが、原因がハッキリと分かっていないのも恐ろしいところです。

いくつかの仮説はあります。しかしいずれも決定打に欠ける、というのが専門家の見方です。

例えば、当時流行の兆しを見せていた「自動売買プログラム」によって相場が一定方向に傾き、これを見た投資家たちが「やばい!」と思って軒並み売りに出た、という見方。

しかしそれならブラックマンデー以外の日にも暴落を見せるタイミングがあっても良さそうなものです。

結局のところ「明確な原因は分からないがたまたま何らかの原因で多くの投資家が投げ売りし始めてしまった」というのが結論となっています。

原因がハッキリと分かっていないというのも何だか不気味ですよね。

■こういうことがある!ということを覚悟しよう

なぜブラックマンデーの話を出したのかというと「誰にも予測できない、原因もハッキリと分からない謎の大暴落は起こる可能性がある」ということを紹介しておきたかったからです。

比較的最近にもブラックマンデーと似たようなことが起こりました。
それは「リーマンショック」です。

アメリカで起こった事件なのですが、日本を含めた全世界で大きな打撃を受けることになりました。

日本が受けた影響としては、超円高、株価の暴落が挙げられます。現状としてはアベノミクス政策によって円安状態、株価上昇になってはいますが、当時は大変なことになったものです。

株式投資は運用方法にもよるのですが、比較的ハイリスク・ハイリターンな部分があります。

自分自身のやり方である程度はカバーできるのですが、このように世界中の経済が絡んでくるものです。つまり、全く予測できない部分も少なからずあるわけです。

例えば、短期間だけ株式投資をしたい、という人ならブラックマンデーのような大きな事件に合うことはそうそうないと思います。

しかしこれから先数十年にわたって株式投資をメインにした資産運用を行いたいと考えているなら、こういった事件がいつ起こるか分らない、という覚悟は持っておく必要があるでしょう。

もちろん対策方法はあります。株におけるリスクヘッジをきちんと取っていれば、ブラックマンデーが再来したとしてもダメージを大幅に軽減させることはできるでしょう。

例えば

・長期ポジションはできるだけ控える。
・レバレッジをかけるようなことはしない。
・投資先は極力分散させる。

といった方法があります。

もちろんリスクヘッジを優先しすぎて利益が上がらないようだとそれはそれで考えものなのですが…。最適な答えというのはそれぞれ個人によって異なってくると思います。

非常に難しい問題ではありますが「明日ブラックマンデーが来たら…」と考えてみるのも、大切なことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

副業の味方、株取引は本当に稼げる?

副業の代名詞ともいえるほど株取引は一般的に用いられています。 いわゆる、投資系副 …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

収入保障保険で節約しながら残された家族を守る!

シンプルな保険ゆえに保険料が安い! いくら節約をしなければならないと言っても、削 …

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

中国経済の失速で影響を受ける日本経済と日本人の生活

日本のビジネスモデルが正しいのかどうか問われている 中国の経済が著しく成長してい …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …

医療保険には一体いつ入ったらお得になるの?

結論から言うと、若いときに入っておくべき! 医療保険はいつ加入するのがお得なのか …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …

株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。 もしかすると「この銘柄は別に欲しくは …