セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

副業の味方、株取引は本当に稼げる?

   

副業の代名詞ともいえるほど株取引は一般的に用いられています。

いわゆる、投資系副業の鉄板です。まずは少ない投資金額から始めていって、ある程度資金が増えてきたら徐々に投資額を増やし、バックを増やしていく。これがよくある手法。

株取引による副業でどれくらい稼げるのか、についてはどの銘柄をどれくらい取り扱うのかによってかわってくるので一概には言えません。最も株取引が盛んで、多くの人が副業にしていたときは2000年代中ごろあたり。デイトレーダーという言葉が一般に普及し始めたのはこの頃からだと記憶しています。しかし2008年に起こったリーマンショックの影響で多くの人が痛手を被ることになり、それ以降は副業に株を選ぶ人が減ってしまいました。さらに同時期、自動売買ツールが導入され始めて、大手トレーダーに太刀打ちできない副業者は完全に身を引いたと言えます。

●株でどうやって稼ぐ?


とはいえ、今でも株取引は人気の副業です。むしろ、以前が少しおかしいくらい熱を帯びていたといっても過言ではないかもしれません。それでは現状副業として株で稼ぐためにはどんな方法があるかチェックしてみましょう。

【短期売買】

株やFXなど、投資の基本である「安く売って高く買う」を繰り返す短期売買。やはり手堅いですし、人気も高いです。最近では各証券会社が短期トレーダー向けのツールをリリースしているので、専門知識が無くてもそれなりに稼げることが多いようです。

【IPO狙い】

IPOは新規公開株のこと。要するに、これから上場する企業の株を手に入れるチャンスがあるよ、ということですね。

多くのトレーダーはIPOを積極的に取りに動きます。基本的にIPOは安く手に入れられるので、その後企業が大成長すれば一攫千金も狙えるからです。

用意される数に限りがあるので、各証券会社は抽選して当選者を決め、その人がIPOを購入するのかを決める、という流れを採用しています。誰でも簡単に買えるものではありませんが、できれば狙いたいところ。他の株取引スタイルをとっている人にも相性の良いスタイルです。

【株主優待・配当金】


大きく稼げるわけではありませんが、まず間違いがありません。単元株を手に入れると、株主として認められ、株主優待が受けられるようになります。

例えば、10万円の投資で株主になれるとして、年2回、1000円ずつ優待券がもらえるとしましょう。つまり、1年間で2000円分の株主優待で利益が得られることになります。

また保有株数に応じて配当金がもらえます。年間1000円くらいのものですが、これも積み重ねれば結構な金額に。当然保有数が多ければその分大量の配当金が期待できるわけです。

さらに保有している株の価値も考慮されるので、純粋に株主になるだけで年間の稼ぎは上々だと言えますね。その間に株価が急上昇して、今売れば稼げる!と判断できる場面なら売ってしまえば良いわけですし。

●まとめ

株で稼ぐためには「知識」こそが重要になってきます。副業で稼ぐ人も多いですが、周りは「1日中株のことばかり考えている人」も大勢いるわけですので、その中で結果を出そうと思ったらそれなりの努力は必要。

株は儲かるんでしょう?と軽い気持ちで始めるべきではないと思います。決して投資金額は安くありませんので。最低でも数十万円は用意しておかなくてはなりません。

まずは株の基本についてしっかりと勉強すること。ネットで調べられる範囲で十分学べます。またツールの特徴や使い方もしっかりと確認を。これらを踏まえた上で、自身が副業として稼げる、あるいは無理の無い範囲で続けられるスタイルはどれなのかを考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

株主優待について初心者でも分かりやすく紹介!

株式投資は資産運用の定番です。 もちろんお金を増やすことが目的、という人が大多数 …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

住宅ローンなどを節約するために繰り上げ返済をするのは本当に効果的?

まず繰り上げ返済の効果を知っておこう! 住宅ローンなど、高額な買いものでローンを …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

国が破綻することはないという常識はなくなった現代 借金が1000兆円もあり、もは …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …