セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

普通預金の振込手数料を節約するコツを紹介

   

ビジネスなどで銀行口座から別の口座にお金を動かすときに、振込手数料の発生する可能性があります。

振込手数料は振込手続きをするたびに、費用請求されます。何度も振込みをする人の場合、なるべく振込手数料の安い所に口座開設した方がお得です。そこで以下では、振込手数料のお得になる金融機関をいくつかピックアップしてみましょう。

ネット銀行がお得

もし振込手数料を少しでも安く抑えたいと思っているのなら、ネット銀行を利用した方が良いでしょう。
主要なメガバンクを見てみると、窓口で自行宛の送金でも300~500円程度かかってしまいます。ネットを使った手続きの場合、無料の所も一部ありますが100~200円程度の手数料がかかってしまいます。

他行宛の振込になると、さらに手数料がかかります。窓口の場合、600~800円程度、ネットを使った場合でも200~400円程度の手数料がかかってしまいます。何度も取引するとなれば、かなりの負担になります。

ネット銀行を見てみると、メガバンクと比較して大幅に振込手数料を節約できます。まず自行宛の振込手数料については、ほとんどのところが無料、一部有料なところもありますが50円程度です。他行宛の場合でも、160~280円弱程度の手数料になります。メガバンクと比較すると、圧倒的にお得なことがお分かりいただけるはずです。

余計なコストのかからない住信SBIネット銀行

ネット銀行の中でもさらに振込手数料をあまり使いたくないのであれば、住信SBIネット銀行がおすすめです。住信SBIネット銀行は口座開設すると無条件で、他行宛の振込手数料が月に3回までなら無料になります。これは日常生活を営んでいく中で、なかなか大きな特典です。

日常生活の中では、銀行振り込みはいろいろな場面で必要になります。賃貸暮らしをしている人は、家賃を銀行振込にしている人は多いはずです。その他にも公共料金の支払いやネットショッピングをする場合にはその代金支払いで利用している人も多いでしょう。月3回まで無料になれば、例えば振込手数料は1回当たり200円かかる銀行と比較すれば月600円節約できます。年間で換算すれば、それなりの節約効果が期待できます。

ちなみに住信SBIネット銀行同士の口座間で振込手続きをする場合には、何度でも手数料はかかりません。メガバンクの中には、同じ銀行間でも手数料がかかってしまうケースもしばしばみられます。

じぶん銀行のサービス利用

振込手数料で考えた場合、じぶん銀行もなかなかおすすめのネット銀行といえます。じぶん銀行とは、三菱東京UFJ銀行とKDDIが作ったネットバンクです。

他行宛の振込手数料は3万円未満であれば174円、それ以上になると278円かかってしまいます。しかし自行宛の振込であれば、いくらでも振込手数料は無料になります。しかも三菱東京UFJ銀行が作ったネット銀行ということもあって、三菱東京UFJ銀行宛の振込手数料も、何度でも無料になります。

つまりメインバンクに三菱東京UFJ銀行の口座を使っているのなら、サブバンクとしてじぶん銀行に口座開設しておきましょう。両者でお金のやり取りをいくら行っても、余計なコストを負担する必要がなくなります。

じぶん銀行はパソコンでネットバンキングできない設定になっています。またATMを使って現金の出し入れができるのですが、ATMを利用するためにはATMロックを解除しなければ手続きが先に進まないシステムになっています。他者が不正に現金を引き出そうとしても、ロック解除できないでしょうからお金を取られる心配がありません。
初期設定の段階で、じぶん銀行はかなりしっかりとしたセキュリティがかけられているところも魅力の一つです。

お得に楽天銀行を利用するコツ

ネットバンクの中でも最大手の一つの楽天銀行でも、条件次第では振込手数料を無料にできます。通常3万円未満は165円、それ以上だと258円の振込手数料がかかります。ただし給料や年金の受取口座に指定した場合、最大月3回まで他行への振込手数料が無料になります。ちなみに楽天銀行同士のお金のやり取りの場合には、振込手数料は一切無料です。大手のネットバンクで利用している人も多いですから、何度でも手数料無料の恩恵を受けられる可能性は高いです。

月3回の手数料無料ですが、翌月に最大2回まで繰り越しが可能です。先月1回しか振込みを行わなかったのであれば、翌月は最大5回まで振込手数料は無料になるわけです。

まとめ
このようにネット銀行を利用すると、振込手数料を支払う頻度を少なくできます。1回当たりお得になるのは、数百円程度かもしれません。しかし塵も積もれば…ではありませんが、年間通じての節約効果はかなりのものになります。頻繁に振込手続きをする人は、ネット銀行に口座開設しておくと恩恵も受けやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

最も身近な資金運用「定期預金」の金利が高いのはどこ?メガバンクVS地銀VSネット銀行

定期預金は私たちにとって最も身近な資産運用だといえます。 ほとんどの方が毎月の給 …

おさえておきたいネット銀行とATMの提携数!イオン銀行と住信SBI銀行の関係。

最近特に「便利」と「お得」を兼ね備えたネットバンクが人気を集めています。とはいえ …

口座に眠っている小銭!どうやって処理するの???

皆さんは銀行口座をいくつ持っているでしょうか。日本人は一人当たり平均3.5の銀行 …

人気のネットオークション、フリマアプリ!利用するなら持っておきたいネットバンクはどこ?

昔から人気のフリーマーケットやネットオークションですが、今はフリマアプリと呼ばれ …

大和ネクスト銀行の魅力と特徴!

目次1 大和ネクスト銀行の魅力2 大和ネクスト銀行とは3 特徴とメリット4 特徴 …

メイン銀行口座はどこにする?使い勝手の良さとメリットで選ぼう!

銀行口座はどこでも開設できますが、メイン、サブと使い分けられると何かと便利な場面 …

生活に密着しているイオン系列の大型スーパー!「イオン銀行」と私たちの生活の関係は?

今どこにでもあるイオンモールやイオン系列の大型スーパーですが、私たちの生活になく …

ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAデビットカードの機能が付帯します!

「ジャパンネット銀行」は三井住友銀行グループの一員であり、日本初のネット銀行とし …

手軽に始められる資産運用「定期預金」の金利について考えてみる

私たち日本人の間で最も身近な資産運用が「定期預金」です。 実際に定期預金を検討し …

みずほ銀行のみずほダイレクトはみずほマイレージクラブに入会することでさらにお得に活用することができます!

「みずほ銀行」は第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行をルーツとする銀行であり、日 …