セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

大人のお小遣い帳「マネーフォワード」って何?

   

1d1079d8d6c1f42e28b4e7be7141ab10_s

子どものころ何度か挑戦してはあまり長く続かない「お小遣い帳」のように、大人になっても家計簿をつけるのが長く続かないという経験は誰もがあるのではないでしょうか。

今は「お小遣い帳」も進化していて、最近注目されているのは、ネット上でアクセスして資産管理をするマネーフォワードというものです。どのパソコンからであっても同じ家計簿にアクセスが出来るので、いつでもどこでも入力が可能になります。

日常生活に多い待ち時間に、例えば外食で順番を待っている間や、電車で移動している間にiPhoneなどの端末機器で入力していけば、それほど時間を取られることもありません。さらに、ネット銀行に口座を持っている場合には、自動で口座残高や使用履歴をマネーフォワードに反映してくれるのでとても合理的です。

また、口座の管理だけでなく、毎月の収入、支出の推移をグラフで表示できるので、 変化が一目でわかります。そうすると、自然と必要なところにお金を使い、そうでないところはセーブしようという気になるのも嬉しいところです。

さらに、投資信託、クレジットカードなどに対応しているので、必要な登録をして手順に沿ってアクセスするだけで自分の資産を管理することができます。では、どうやって管理していくのでしょうか。その方法についてご説明したいと思います。

マネーフォワードの使い方について

iPhoneからは専用アプリでアクセスすることになります。IDとパスワードを登録するだけなので1分ほどで終わります。登録に手間がかからないのは、会員登録するサービスではとても重要ですよね。

また、FacebookやGoogleアカウントを持っているなら、より簡単に登録できます。そして、提携しているネット銀行の自分の口座の状況を把握するようにするため、自分の使っているネット銀行にリンクさせます。

本人確認の手順はネット銀行によって多少異なります。例えば、住信SBIネット銀行の場合は任意のネットワークログイン名とネットワークパスワードで残高照会や入出金履歴を閲覧することができます。新生銀行セキュリティーが厳しく、支店番号、口座番号、キャッシュカードの暗証番号、乱数表(専用のカードに書いてある)に基づいての入力が必要になります。

また、手持ちの現金を使う場合は自分で打ち込む必要がありますが、写真でレシートを読み込めるというシステムがあるので、時間を短縮させることができます。いずれにしても自分が普段使っている口座の状況が家計簿に自動的に反映されるので、一目瞭然で自分の資産を把握できるのです。

安全性について

security-1536691_960_720

ネット経由であるために、ほんとうに情報が漏れないかどうかが心配なところですよね。本人になりすませば、だれでもマネーフォワードにアクセスしてお金の情報を見ることが出来るので、確実に安全だとは言い切れません。もちろん今の時代に100%安全なんてものはありませんが…。

例えば、先ほど挙げたしんせい銀行にリンクさせるには、カードの情報を全部暗証番号まで入力しなければなりません。それで、もしその状況を誰かに見られていたとすれば、カードを盗まれれば簡単に口座からお金をおろされてしまうということになります。

その点、住信SBIネット銀行の場合は、マネーフォワードを利用するときだけであればネットワークパスワード入力だけでいいので、誰かにその様子を見られたとしても、引き出されてしまうということはありません。気軽になおかつ安全に使えるということを考えるとあまりセキュリティーがしっかりしすぎるのも考え物です。

どんなネット銀行口座をリンクさせるにしても、誰かに見られたりする危険性はゼロではないので、普段使うであろう当面の出費分をマネーフォワードのリンク先に指定して、ほかのお金は別の銀行口座に入れておくなどの対策を講じることもできるかもしれません。

マネーフォワードの目的を見失わない

マネーフォワードの一番の目的は資産を正確に把握しお金を賢く使うことです。それで、この便利なサービスを利用して、現代人のお財布ともいえるネット銀行の口座の中の出金の状況を正確に把握し、無駄をなくして賢くお金を管理できるようになります。

一方で銀行も、人気が高まっているマネーフォワードから学ぶことも必要かもしれません。今の銀行のサービスに何が必要なのか、どうすればさらに顧客を満足させることができるのかを考える良い時期といえるでしょう。歩み寄ってより強固で利便性を損なわない認証システムを構築して欲しいものですね。両者が協力すれば飛躍的に便利になり、安定性安全性が高められる社会に進んでいくかもしれません。

どんなソフトにも脆弱性は存在します。しかしそれらのソフトとうまく付き合っていくなら、お金や時間の節約、生活の利便性につながっていくでしょう。いずれにしても、ソフトの目的を意識して賢く活用していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

海外口座の開設にはメリットとデメリットがありますので慎重に検討しましょう!

最近は資産運用のために「海外口座」の開設を検討する人が増えているようです。 海外 …

まだ少ない「銀行」と「証券会社」の連携サービス!「住信SBIネット銀行とSBI証券」の特徴

最近よく聞かれるようになってきたネット銀行ですが、実はもうすでにたくさんのネット …

ジャパンネット銀行のキャッシュカードにはVISAデビットカードの機能が付帯します!

「ジャパンネット銀行」は三井住友銀行グループの一員であり、日本初のネット銀行とし …

普通預金の振込手数料を節約するコツを紹介

ビジネスなどで銀行口座から別の口座にお金を動かすときに、振込手数料の発生する可能 …

おさえておきたいネット銀行とATMの提携数!イオン銀行と住信SBI銀行の関係。

最近特に「便利」と「お得」を兼ね備えたネットバンクが人気を集めています。とはいえ …

みずほ銀行のみずほダイレクトはみずほマイレージクラブに入会することでさらにお得に活用することができます!

「みずほ銀行」は第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行をルーツとする銀行であり、日 …

定期預金の解約に必要なものや、手続きの方法、解約によるデメリットをチェックしてみよう

定期預金は「一度組むと満期を迎えるまで解約できない」と思われがちですが、決してそ …

使って納得!「あおぞらキャッシュカード・プラス」の利便性

国内・国外を問わず、いつでもどこでも支払いができるカード、それがクレジットカード …

スルガ銀行ANA支店では各種の取引でお得にマイルを貯めることができます!

「スルガ銀行ANA支店」は、静岡県の地方銀行であるスルガ銀行が展開しているインタ …

普通預金でお金を預けていると課税される?納税はどうやって行うの?

普通預金口座を開設している人は、一度自分の預金通帳を見てみましょう。 そうすると …