セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

   

ディズニー好きにはたまらない株主優待

もはや説明が要らない日本で最も愛されるテーマパークであるディズニーランドとディズニーシー。一度行ったら何度でも行きたくなるリピーターの多さは他のテーマパークと一線を画しています。

しかし何度も行きたくてもやはり現実の世界に戻るとネックになるのが利用券の値段の高さで、1DAYパスポートの価格は今や6900円もします。しかし経営元オリエンタルランドの株主になると、株主優待としてこの1DAYパスポートを進呈されるのですから、ディズニー好きにとってこれよりうれしいことはないでしょう。

オリエンタルランドの株式基本情報

  • 優待利回り:0.86%
  • 配当利回り:0.43%
  • 権利確定月:3月末日・9月末日
  • 株価:8000円前後
  • 最低投資額:80万前後(100株)
  • きわめて安定した株価上昇を見せており、株価が落ちる心配の少ない優良株の一つです。要因として株式分割によって新規株入手が容易になったことと長期保有者への優待拡大が設立されたことがあげられます。

    オリエンタルランドの優待品詳細

    100株以上の保有で「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」どちらかのテーマパークで利用可能な1DAYパスポートが1枚進呈(3月末の)されます。400株なら進呈回数が年に2度の3月と9月になり、800株以上ですと2枚ずつ年に2度進呈されます。

    以降1200株以上なら3枚、1600株以上なら4枚、2000株以上なら5枚、2400株以上なら6枚の1DAYパスポートが半年に1度もらえてしまうわけです。それだけではありません。さらに長期保有者用の優待があり、2018年まで3年間長期保有ならさらに別途2枚、2013年までさらに5年間長期保有ならもう4枚進呈という大判振る舞い設定です。

    ディズニーランド・ディズニーシーの入場券は日本人であれば誰でも嬉しいものなのでどんなにもらっても決して無駄にはならないでしょう。

    財産の有効活用、株主優待なら贅沢もできちゃう

    夫婦や家族でのレジャーは必要ですが、みんなで行くと出費もかなりしちゃいます。節約したい家族にとっては預貯金でオリエンタルランドの株を購入し、株主優待で半年に一度家族でディズニー施設で楽しめるなら嬉しいでしょう。

    家族持ち、とくにディズニーが大好きな人は買いの株といえます。業績も安定しており株価下落の心配も少ないので、初めて株を買う人にもピッタシかもしれません。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 65
      follow us in feedly

      関連記事

    普段している節約から更にもっとお得に食費の節約が出来るカゴメの株主優待節約術とは?

        カゴメと言えばケチャップや野菜ジュース、野菜の加工品 …

    株主優待について初心者でも分かりやすく紹介!

    株式投資は資産運用の定番です。 もちろんお金を増やすことが目的、という人が大多数 …

    円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

    実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

    グアムのリゾートホテルに2泊宿泊を株主優待 レオパレス21なぜそんなに大盤振る舞い?

    割引ではない無料で泊まれるグアムリゾート グアムのリゾートホテルの2泊3日の宿泊 …

    玄人は不人気株を長期保有 なぜかが分かるメリット話

    玄人は黙って株の長期保有 株主優待を得るために権利確定日に株を買っては、すぐに売 …

    ガスト、バーミヤンなどのファミレスでおなじみの「すかいらーく」の株主優待で2000円相当の優待食事券をゲット!

    すかいらーくは株主優待だけでなく配当利回りもまずまずで選びやすい すかいらーくは …

    名古屋、東京を中心に店舗展開するゼットンの株主優待で食事費やお出かけ費を節約しよう!

    美術館や博物館などの公共施設でレストランを出店しているゼットンの株主優待利率 は …

    株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

    株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。 もしかすると「この銘柄は別に欲しくは …

    ちょっとマニアックな節約って?ズバリ!シードの株主優待を使ったコンタクトレンズ節約術

        普段からコンタクトレンズや眼鏡を利用している方ならお …

    マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

    日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …