セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60
    follow us in feedly

  関連記事

今までより劇的に美味しくなる!コンビーフを使ったアレンジレシピ

いつもマンネリしがちなレシピが多くて・・・。今夜のメニューも本当に何を作ったらい …

あっという間に大変身!塩ラーメンからカルボナーラが出来るアレンジレシピ

セールで袋めんをまとめて買ったり、塩ラーメンが好きだけどたまには違う味を食べてみ …

大人も子供も大喜び じゃがいものプリッツ

驚くほど簡単、あっという間にできます! おやつに出せば子供は大喜びですし、大人は …

クリスマスに食べたいコーンフレークで作るカリカリのフライドチキン

クリスマスといったらフライドチキンと言うほど、クリスマスの日のテーブルにはフライ …

アレンジ自由、簡単で本格的なジャンバラヤ

ジャンバラヤはケイジャン料理の代表的な料理の一つです。 魚介やお肉、野菜を香料で …

お肉は必要なし!木綿豆腐で作る鶏そぼろ風レシピ

豆腐は安価でボリュームがあり節約にはもってこいの食材です。 また、低エネルギーで …

本場ドイツの本格グリューワインレシピ!リンゴとシナモンのホットワイン

帰宅するまでに身体がすっかり冷えてしまった!そんな寒い冬の夜は、簡単オシャレな自 …

豆腐を冷凍させて簡単&ヘルシーにお肉の代用に 満たされるロールキャベツのレシピ

豆腐はあまり値段が変わらないため、常に食卓の主役です。 多くの人は子供のころから …

節約していてもお酒は飲みたい!果物で作る洋酒レシピ4選

目次1 お店で買うより自分で作った方が安上がりに!果物ベースの美味しいお酒を楽し …

ベビーコーンとオクラとごぼうの自家製ピクルス

ピクルスが大好きで必ず作り置きをしています。大根・きゅうり・にんじん・タマネギ・ …