セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

鶏ささみでつくる♪節約やわらかピカタ

本格的なピカタも美味しいですが、もっとお手頃でお財布にも優しい鶏ささみを使ってみ …

チアシードを使った簡単ほうれん草のお浸し

ダイエット効果もあり栄養満点なチアシードを、和風でアレンジ。 いつも同じ食べ方で …

とっても簡単!だれでもできる切り干し大根のサラダ

切り干し大根を使ったお料理といえば、定番の切り干し大根の煮物ですが、食卓に出して …

バター醤油とチーズで節約を感じない豪華大根ステーキ

大根がメインになっちゃう節約レシピです。 大根って淡白なお味ですけど、ガーリック …

キムチを使った誰にでもできる簡単春巻きレシピ

手作りの春巻きって美味しいですよね。少し手間はかかりますがお弁当のおかずにもなる …

バター無しで作れちゃう?!簡単チョコレートカップケーキ

もうすぐバレンタイン…。 友チョコや義理チョコ、自分のために作っちゃうのもアリで …

ダイエットで偏っちゃう食生活。節約しながらも和洋中のローテションでカバー出来る!

ダイエット中はレシピに困りがち。特に栄養バランスを考えつつ、カロリーを抑えて、で …

お菓子のイカフライを使ったお餅フライ

お正月に買ったお餅って必ずといっていいほど余ってしまいますよね。 お雑煮やぜんざ …

女性ホルモン獲得!高野豆腐で愛され節約レシピ

お野菜も食物繊維も豊富に取りたい!だけど、最近は野菜が高くてなかなか沢山は買えな …

スライスチーズと水切りヨーグルトでつくる節約ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキといったら普通はクリームチーズを使ったり、中にはクリームチー …