セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

安い肉を美味しく調理するコツは?安くても激旨に仕上げる!

   

安い肉を購入してきたけど、食べてみると固くて食べられたものではない…そのようにショックを受けている方も多いと思います。しかし、実はこの安い肉であってもしっかりと美味しく食べることができます。

安い肉もおいしく食べるポイントをご紹介します。

焼く前の一手間が鍵!

まず冷蔵庫で保存をしているのであれば料理をする30分から1時間前には冷蔵庫から取り出すようにしましょう。というのも、常温にすることによって焼いた時の熱が均等に伝わります。そして満面なく焼くことができるのです。

表面が焼けていても中まで火が通っていなければ美味しく食べることができませんし、焼きすぎてしまうと失敗の原因になってしまうことがあります。冷凍の場合には解凍をした状態から1時間くらいは待ってから行うようにしましょう。

さらにスジ切りも忘れてしまってはいけません。

スジ切りといえば豚肉、鶏肉の脂身の部分、もしくはスジの部分でなければ行わないものです。しかし、安い肉にステーキ肉に対しても行うことで味付けが肉の内部までしっかりと届くようになります。そして熱も伝わりやすくなります。

味付けも一工夫してみる

安いステーキ肉の焼き方ですが、ここで重要なのは塩コショウを30センチ程度の高さからふりかけていきます。安い肉となると肉自体の味はどうしても高級な肉に比べると劣ってしまいます。
そのため、塩コショウは多めにしてください。塩コショウだけでなく香辛料を入れるというのも良いかもしれません。

もちろん焼き方にも注意

激安ステーキの焼き方ですが、この焼き方次第でその味は大きく変わりますので注意が必要です。
まず、にんにくをきざんで油にそのにんにくを入れて中火で熱していきます。
それからにんにくの風味がしっかりとついたらにんにくを取り出します。
そうすると油ににんにくの風味がしっかりとついた状態になります。

その油で肉を焼くことで安い肉にある独特の臭いなどを消すことができます。さらに火を強火にして味付けをした肉の表面を焼き上げます。そうすればお肉の中に肉の旨みをしっかりと閉じ込めることができるのです。

焼き色がついた時には中火に戻してから表面から汁が出てくるまで待ちましょう。そして汁が出てきたらひっくり返します。
ここでお肉を焼く時に、早く焼きたいからといって押さえつけるようなことをしてはいけません。そもそも少ない肉汁が出て行ってしまいます。

ワインやブランデーの力を借りる

安いお肉を焼く時には、ワイン、ブランデーを入れてみましょう。ひっくり返したタイミングで入れると、お肉の臭みを取り除くだけでなくお肉を柔らかくする、という効果も得ることができます。

このように安いお肉でも美味しくするコツというものがありますので、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

子ども大好きオムライスがハロウィーンバージョンに!!!

ハロウィーンだからと言って特別なことはできない。 はりきりたいけどそんな余裕はな …

小腹がすいた時や夜食にぴったりのマロニーでヘルシー塩ラーメン

時々なんだか無性に食べたくなるのがラーメン。 しかし、カロリーが気になる時や家に …

余ったジャムを使って簡単に作れるスペアリブレシピ

ジャムを買ってもトーストに使うくらいで他に使い道がなかったりしますよね。 いつの …

免疫力アップ!お味噌汁にとろろとあおさを入れるだけの簡単疲労回復レシピ

最近からだの調子が良くない。おまけに肌まで荒れてきた。 そんなときには「とろろと …

おからを使ってヘルシーで節約にもなるつくねレシピ

つくねは子供から大人まで人気の高いメニューですが、健康のためにもヘルシーに作れる …

自宅で手軽に油そばを作りたい!どんなレシピがあるの?

ラーメンといえば今や日本における国民食と言っても過言ではありません。このラーメン …

ネットで話題な人気サイトから学ぶ!美味しい節約レシピを自宅で作ってみよう!

節約レシピを紹介しているサイトやブログは結構あり、参考にしてみると驚くほど美味し …

節約レシピってどんなイメージがある?美味しくない?貧乏臭い?節約レシピのメリットを再確認してみよう

お金が無いとき、お金を使う予定があるとき、貯金したいとき。そんなときは節約レシピ …

ヨーグルトでやわらか♪鶏もも肉のトマト煮込み

ヨーグルト効果でお肉もやわらか♪ ヨーグルト煮込みと聞くと味の想像がしにくい方も …

餃子の皮が大変身!本格ラザニアレシピ

餃子の皮って一袋では少ないし、二袋だと余ってしまう。 そんな、余ってしまった餃子 …