セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

意外と簡単!ホットケーキミックスでバームクーヘンを少しアレンジ!チョコ掛けバームクーヘンのレシピ

   

最近デパートのお菓子売り場や、ネット通販でも人気上位に位置するのがバームクーヘン商品群です。
特にカラメリゼしたものや、抹茶などはアレンジとして非常に人気です。今回はバームクーヘンの中でもオーソドックスアレンジとして人気なチョコ掛けバームクーヘンのレシピを紹介します。

一般家庭では生地を繰り返し焼く動作が難しいため、購入する家庭が非常に多いです。
しかしホットケーキミックスを使えば薄焼き卵の要領ですぐに作ることができます。ちなみにバウムはドイツ語で木を意味し、クーヘンはケーキのことです。木のケーキの名の通り、家庭で作る際は年輪の数にこだわりを持ちたいところです。

身近な器具でお店のようなチョコ掛けバームクーヘンをぜひ家庭でも作ってみてください。

<材料> 1個分
ホットケーキミックス:200g
卵:2個
砂糖:50g
牛乳:200ml
バター(生地用):60g
チョコレート:100g
油:少々
バター(焼き用):30g

<芯を作ります>
キッチンペーパーの芯を玉子焼き器の大きさに合わせて切断し、縦に切り込みを入れて直径1㎝の円柱状にします。
この時芯はテープで止めてもかまいませんが、周りにクッキングシートを張ります。その際はホッチキスなどを使用するようにしてください。
これでバームクーヘンの芯は完成です。

<バームクーヘンの作り方>
1.バターを常温に戻し、柔らかくしておきます。
2.芯の周りに焼き用のバターから少量とり、薄く塗っておきます。
3.ボウルに卵、砂糖、牛乳を入れ、泡だて器で混ぜます。ホットケーキミックスを加え混ぜ合わせ、バターを加えさらに混ぜ合わせます。
4.玉子焼き機を熱し、バターを薄く引きます。お玉半分の量の生地を流し、弱火で焼きます。
5.玉子焼き器の奥に芯を置き、手前に転がしながら芯の周りに生地を巻いていきます。
焼き色が全体についたらいったん取り出し、再度玉子焼き器バターを薄く塗ってお玉半分の量の生地を流しいれます。取り出した芯と生地を奥に置き、手前に転がしながら巻き取ります。これを好みの大きさになるまで繰り返します
6.焼き終えたら、バームクーヘンを立てて両側の側面を焼きます。
7.焼き終えたら取り出し、粗熱が取れるまで冷まします。冷蔵庫に入れ冷やします。このタイミングでチョコレートを湯煎にかけ溶かします。
コーティング用なので少し油を加え、よく混ぜておきます。
8.冷えたら芯を抜きます。バームクーヘンを網の上に置き、チョコレートをかけます。均一に伸ばし、チョコレートがかたまれば完成です

<ポイント>
4の工程で、生地を流し入れたら表面をゴムベラで均一にならしておくときれいな仕上がりになります。
生地の表面全体に、プツプツと気泡が出始めて乾いてきたら焼き上がりのサインなので芯を置いて巻いていきます。また、生地を薄く焼いて巻いていくと層が増えてよりバームクーヘンらしくなります。⑦の工程で、芯を抜くときはバームクーヘンを立てて置き、手でそっと引っ張り抜いてください。

チョコレートを塗るときは、パレットナイフやゴムベラを使い表面をならしながらつけていくときれいに仕上がります。気温が高い時や暖かい時はチョコレートがかたまらないので、冷蔵庫に入れて冷やしかためてください。

バームクーヘンは言わずと知れたドイツ発祥のお菓子です。
日本でもたびたびブームになるほどアレンジが可能で、特にその木の年輪のような形に特徴があります。キャラメリゼしたものやアイシングをかけたものが人気ですが、プレーンタイプも人気です。自分で作る時の難しさは、何よりもきれいにあの年輪模様をつくることができるかどうかにかかっています。

これは卵焼き器を使うことで解消できたので、それ以来食べたい時は自分で作ることが普通になりました。オーブンでは難しい年輪模様も、卵焼き器を使えば簡単に作ることができます。また中心の穴も普段自宅にあるもので作成が可能なので、自作のアレンジでどんどん作ってみてください。

今回はバームクーヘンのチョコ掛けアレンジのレシピを紹介しました。バームクーヘンも人気ですが、チョコ掛けお菓子も人気ですね。
どちらもコンビニやスイーツショップでは定番の商品となっていますが、自分で作るとなるとどちらもハードルが高そうなイメージしかありません。しかし家庭内での器具の使い分けによって、格段に簡単に作ることが可能になります。

バームクーヘンは卵焼き器とラップの芯で、チョコ掛けは揚げ物用の網とバットで完全に代用できます。
難しいイメージがあったこのお菓子に、簡単に作ることができるポイントがあることを発見した時のうれしさとおいしさは格別なものを感じ、これからは定番化そして自分へのご褒美として作ってあげたくなるレシピではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

カルシウムたっぷりちりめんじゃこのトースト

毎日の朝ごはんで食べるバタートースト、ジャムをぬってみたり、ピーナッツバターをぬ …

クリスマスに食べたいビーフシチューパイのレシピ

クリスマスは家族やお友達とみんなでワイワイガヤガヤとパーテイーを楽しまれるお宅も …

とっても簡単!子どもも大好きピーマン春雨

ご近所さんからのおすそ分けで、ピーマンをいただいたけど、定番のピーマンの肉詰めは …

おせちで簡単デザート!栗きんとんと伊達巻でおしゃれフレンチトーストにアレンジ

お正月に使ったおせちの食材は、もう使う機会もなくなってしまう時期…。 でも、冷蔵 …

とっても簡単でおいしい!さんまでつくる漬け丼

今日は、なんだか漬け丼が食べたいというとき、いつものマグロの漬け丼を作るのもいい …

アレンジ自在!ホットケーキミックスで楽しいフルーツたっぷりデザートピザ

日本のピザが上陸したのは1944年とされています。 イタリアの特務艦に搭乗してい …

醗酵いらずで出来ちゃう簡単シナモンロールのレシピ

いつもパン屋さんで買ってるシナモンロール。 お家で手作りのシナモンロールをつくっ …

冷蔵庫にあるもので?ツナ缶を使った節約パスタレシピ

給料日前、、お財布がピンチ! そんな時に冷蔵庫にあるもので作れちゃう節約パスタの …

バレンタインには、ハート形や丸型など簡単に作れる濃厚「フォンダンショコラ」

寒い冬には、あったかスイーツなどいかがでしょうか? このところ流行のあったかスィ …

余ったエビチリでも!餃子の皮でエビチリ包み焼き

セールで手に入れた大量のエビを美味しく食べたい。 餃子の皮が中途半端に余ってしま …