セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

お花見のデザートにぴったり。楽しく食べられる、桜のパンケーキ

   

みんなでお花見をすることになり、デザート担当に。せっかくだから、お花見にぴったりのデザートをつくってみんなを楽しませたい!と思ってつくりました。

みんなで楽しむせっかくのお花見なので、食べ物だって味も香りも見た目も楽しみたいですよね。お花見にはお団子がぴったりと思いがちですが、パンケーキだってアレンジすればお花見にぴったりになります。

桜を目で楽しみながら、香りも味も食べて楽しむというのは、普通のお花見よりも贅沢です。おうちでつくれば、外に行かなくても桜が見えなくてもお花見気分を楽しめます。料理で桜の味や香りをを楽しむことができれば、お花見当日が雨模様でも桜を楽しめるので安心です。

<材料>
【生地】
卵          2個
生クリーム      大匙3杯
バター        20g
桜の花の塩漬け    10g
ホットケーキミックス 50g
サラダ油       適量

【トッピング】
生クリーム
餡子(粒あんでもこしあんでも問題ありません)
桜の花の塩漬け
バターもしくはマーガリン(有塩でもおいしいですが、桜の塩漬けに塩気があるので無塩がおすすめ)”

<作り方>

  1. 桜の花の塩漬けは、さっと水で洗って細かくきざんでおきます。
  2. バターは湯せんか電子レンジで溶かしておきます。
  3. 卵黄と卵白をわけて、それぞれボウルに入れておきます。(どちらも、大きめのボウルに入れておくのがおすすめです)
  4. 卵黄のボウルに生クリームと溶かしたバターを入れて混ぜます。
  5. 4のボウルに刻んだ桜の花の塩漬けを加えて混ぜ、さらにホットケーキミックスを加えてよく混ぜます。
  6. 卵白の入ったボウルに砂糖を加え、ハンドミキサーでつんと角が立つまで泡立ててメレンゲを作ります。
  7. 5のボウルに泡立てた卵白を加え、メレンゲをつぶさないようにさっくりと混ぜ合わせます。
  8. フライパンにサラダ油を薄く引いて熱し、7を一口大ずつ流しいれ、弱火で両面焼き色がつくまで焼けば完成です。
  9. トッピングの準備をする。
    生クリームは泡立てて、半分はそのまま、半分は桜の花の塩漬けを刻んで混ぜ込み、桜クリームにしておきます。あんこはそのまま容器に入れるだけで大丈夫です。

<ポイント>
お家で食べるときには一口大ではなく、大きめに焼いても大丈夫ですが、外で大人数でとなると一口大に焼いておいた方が持ち運びにもみんなで食べるのにも適しているのでおすすめです。

パンケーキ生地は焦げやすいので、弱火でゆっくりと火を通してください。火が強いと、表面は焦げているに中は生焼けになってしまいます。また、焼き色が強いとせっかくの桜色が見えなくて台無しになってしまうので、時間はかかりますが弱火でゆっくりと焼くようにしてください。

メレンゲをつぶさないように混ぜるのは難しいですが、せっかくの泡立ちをつぶしてしまうとパンケーキがふっくらしなので、へら等でさっくりと混ぜてください。だからといって混ぜが不足していると味がまだらになってしまっておいしくないので気を付けてください。

桜の花の塩づけはそのままだと塩辛いのでさっと水で洗って塩気を落としておくこと忘れないようにしましょう。(少しの塩気は甘さを引き立てるので、洗いすぎてもおいしく仕上がりません)水で洗ったあとは、キッチンタオルなどで水気をしかりきっておくことがおすすめです。

パンケーキを焼く前に、水洗いしてよく水気を切った桜の花をフライパンに置き、その上から記事を流すと桜のついたかわいいパンケーキが焼きあがります。また、パンケーキの上から桜の花をおいてもかわいく仕上がります。

お花見でお団子はもう飽きた!洋風のお菓子が食べたい!でも、お花見と全く関係のないお菓子は雰囲気がでない。そんなわがままな要望にもしっかり応えられるデザートです。パンケーキとトッピングを別々にしておくことで、いろいろな味を楽しむことができます。もちろん、トッピングなしで食べてもおいしく食べられます。見た目も香りも味もいろんな方向から桜を楽しむことで、お花見を何倍も何十倍も楽しむことができます。

また、お花見の予定はないけど桜を楽しみたいときや、忙しくてお花見の時期を逃してしまったけど桜を楽しみたいとき、雨で憂鬱な桜の季節にもおすすめです。見て楽しむだけではなく、桜を食べて楽しめる、贅沢でより楽しいお花見ができます。

お花見をもっと楽しみたい!特別なお花見にしたい!お花見に手作りデザートを持っていきたいけど、普通じゃつまらない!かわいいデザートでみんなを驚かせたい!そんなときは、味でも香りでも桜を楽しめる桜のパンケーキがおすすめです。

ピンク色で見た目もきれいで、トッピングでいろんな味を楽しむことができます。一口大なので食べやすく、また、2枚でトッピングを挟んでどら焼き風にして食べると、フォークも不要で手が汚れにくいので外でのお花見にぴったりです。

お家の中でのお花見なら、焼き立ての味や香りを楽しむことで、外でのお花見よりも贅沢で特別なデザートを味わえるので雨の日のお花見でも残念な気持ちにならずにすみます。せっかくの桜、眼だけでなく味でも楽しんで贅沢なひと時をすごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60
    follow us in feedly

  関連記事

簡単!切って混ぜるだけ、おしゃれな柿と生ハムのサラダ

秋になると、ご近所さんから大量にいただく柿。 最初は、おいしいけど、デザートとし …

自宅でフィナンシェがすぐできる ナッツとクランベリーを足してきれいになるレシピ

フィナンシェとはフランス語でお金持ちや金融家を表す意味があるそうです。 マドレー …

ちりめんじゃこと青のりのふわふわ卵焼き

卵焼きといえば、お弁当のおかずの定番です。 みんな大好きな定番の卵焼きですが、た …

今までより劇的に美味しくなる!コンビーフを使ったアレンジレシピ

いつもマンネリしがちなレシピが多くて・・・。今夜のメニューも本当に何を作ったらい …

ビールに最高に合います☆じゃがいものおやき

野菜の価格高騰が続いていますが、年間を通してわりかし価格が安定していてお安く手に …

シチューの翌日は余ったシチューで簡単ドリア!

シチューを作る時は、必ず少し多めに作るのが我が家の秘策です。 なぜかというと、余 …

もやし一袋をふんだんに使った節約キッシュ

お給料日前でお財布がピンチとか、ちょっと今月は使いすぎたから節約したいという時に …

もう買わない!家にある材料で簡単節約ねぎ塩だれレシピ

市販のたれ調味料って高いんです。 美味しいものだと1本200円~300円はします …

サバ缶と白菜とキノコの簡単煮込み料理

寒くなってくると、温かい煮込み料理が食べたくなります。買い物に行く時間がなくて、 …

しいたけの石づきを使った簡単アレンジレシピ

しいたけの石づきというと多くの方が捨ててしまう部分かもしれません。 つけたまま調 …