セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ナンとバターチキンカレーは、冷蔵庫で一晩寝かすのがコツ

   

ナンの手作りなんて難しそう。。。と思っていませんか?
試してみると案外簡単なので、ぜひ作ってみましょう。

初めは「捏ね」も少なく、「冷蔵庫で発酵させる」失敗知らずのナン作りから慣れて行くと良いかと思います。

インドカレー専門店のような、外はパリッと中はもっちり、ほんのり甘くて優しい味のナンと、野菜たっぷりのバターチキンカレーは最高のマッチング。(冷蔵庫に残っている野菜を色々使ってみるのも良いかと思います。例えばゴボウとキャベツが入ったバターチキンカレーなど)

下ごしらえも一晩冷蔵庫に寝かすことで失敗なくナン生地を発酵させたり、鶏肉にしっかり味をしみこませ、臭みを取ることができます。

土曜日の夜に仕込んで翌日のサンデーブランチに頂くとか、最高に幸せ!

<材料>

【ナン4枚分】
・強力粉  200g
・バター   30g
・牛乳   150ml
・ドライイースト 3g
・砂糖    8g
・塩     3g
・打ち粉用強力粉

【バターチキンカレー2皿分】
・鶏もも肉  100g
A カレー粉  大1
A ヨーグルト 100g

B 人参    1/2
B 玉ねぎ   1/2
B ピーマン  2個
B マッシュルーム   4個
(野菜はお好みのものを用意してください)

C バター   30g
C カレー粉  大1
C トマト缶  1缶(400gぐらい)
C 生クリーム 50ml
C おろしニンニク 少々(チューブの物でもOK)
C おろしショウガ 少々(チューブの物でもOK)
C 塩     適宜
C コショウ  適宜

<作り方>
【ナンの生地】/// バターは室温に戻しておいてください ///

強力粉ボウルに入れ、塩は端っこの方に、真ん中あたりにくぼみを作り砂糖とドライイーストを入れます。
牛乳は人肌ぐらいのぬるさに電子レンジで温め(30秒ほど)、ドライイーストめがけて注ぎます。
クルクルと少しずつ円を大きくするように強力粉と混ぜていきます。
全体が混ざったら、20回ほど「向こう側を手前に折りたたむように捏ねる」を繰り返すと、生地全体がしっとりまとまります。
生地の真ん中を少しへこませ、バターを入れ、先ほどと同様に混ぜていきます。
(生地になじんでしっとりするまで50回ぐらい捏ねると良いです)
生地の外側を引っ張るようにして丸め、継ぎ目が下になるようボウルに入れラップをして一晩、冷蔵庫に寝かします。

ナンの仕込みはここまで!

【チキンの下ごしらえ】

鶏もも肉は一口大に切り、ビニール袋に入れAのカレー粉を加えます。
袋の口をしっかり閉じて、袋を振ってカレー粉をまんべんなく鶏肉に絡め、Aのヨーグルトを加えます。
同じ要領でヨーグルトも鶏肉に絡めます。
袋のまま鶏肉を一晩、冷蔵庫に寝かします。

チキンの仕込みはここまで!

一晩寝かした材料で、早速ナンとバターチキンカレーを作りましょう。

【バターチキンカレー】

カレーに入れる野菜を切っておきます。
鍋を中火で熱しCのバターを入れ、おろしニンニクとおろしショウガを入れ、炒めます。(小さじ1ずつぐらいを目安に)
香りが立ってきたらCのカレー粉を加え、更に炒めます。
トマト缶を加え、よく混ぜながらフツフツとしてくるまで熱します。
切っておいた野菜を鍋に加え、野菜に火が通りトマトの酸味が飛ぶまで5分ほど煮ます。塩コショウで味を調えます。
5)に冷蔵庫に寝かしておいた鶏肉を、ヨーグルトごと全部入れます。

【ナンを焼く】

打ち粉をし冷蔵庫で発酵させたナンの生地を取り出します。
手にも少し強力粉をつけて、円形につぶします。
包丁で4等分にします。
3)の生地をナンの形に引っ張って伸ばし、フライパンに乗せます。
フライパンまずは強火で10秒。
一旦、火を止めます。そのまま10分放置(2次発酵します)
中火で片面7分ずつ焼きます。

カレーにCの生クリームを加え、ひと煮立ちしたら出来上がり。
焼きあがったナンと一緒に頂きましょう。

<作り方のコツ>
・イーストは塩気を嫌いますので牛乳を注いで混ぜ始める時に、なるべく塩が一番最後に触れるよう、ボウルの端っこに入れると良いと思います。また生地を捏ね始めてから固いと思ったら、ほんの少しずつぬるま湯を加えると良いです。また逆に20回以上捏ねているのに柔らかすぎてベタベタであれば、強力粉を少し足してください。

・ナンを焼くのはフライパンでなくホットプレートでも大丈夫です。中火で7分焼いてひっくり返しますが、上から押し付けるとふわっと感がなくなりますので気を付けましょう。

・バターチキンカレーの最初で炒めるニンニクペーストとショウガペーストはチューブの物でOKです。小さじ1杯ずつぐらいがちょうどいいかと思います。

・バターチキンカレーに入れるトマト缶はホール状でもカットでもお好みでどうぞ。煮ている際にトマトの塊が残っている方がお好きでしたら、トマトは潰さず、鍋をゆするようにして全体を混ぜましょう。

インド料理専門店の様に美味しいナンとカレーを作ってみたくていろいろ調べて試してみました。オーブンがなくても焼けるのがうれしくて、カレーじゃないときもナンを焼いたり、ナンに慣れたら応用でロールパンを焼いたりも出来るようになります。

フライパンで焼く際には火加減が一番の注意点ですが、それさえ出来れば失敗いらずです。
ナンもカレーも作っている最中からいい匂いで、本格的な味。辛すぎないからどなたにも喜ばれること間違いなし!

余分に作って冷凍しておくと、いつでも楽しめて便利です。
オムレツのカレーソース、丸く焼いたナンのサンドイッチなど応用もききます。
ホームパーティなどで振舞う時は、小さめのサイズをたくさん作って、フィンガーフードにしても良いですね。

インド料理といえば「ナン」と「カレー」というイメージがありますが、今回のバターチキンカレーの様にバターやクリームといった乳製品を使ったものや、ナンの様に小麦粉を使った料理というのは北インド地域のお料理なんだそうです。

暑い国というイメージのインドですが、カシミール地方のような北インドは日本と気候も変わらず、冬は寒いんでしょうね。コクがあってこってりとした旨味のカレーを好んで食べるのも頷けます。

そして日本人に一番好まれるのもまた北インドの料理だそうで、「日本をはじめとする海外のインド料理店は、北インド料理を面にした店が大多数を占めている」とのことです。
日本風なカレーライスも大好きだけれど、北インド風のバターチキンカレーとナンもコクがあって美味しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

ダイエットで偏っちゃう食生活。節約しながらも和洋中のローテションでカバー出来る!

ダイエット中はレシピに困りがち。特に栄養バランスを考えつつ、カロリーを抑えて、で …

駄菓子のあんず棒で万能アジアンソースができちゃう

あんず棒といったら子供の頃に駄菓子屋さんでも売ってる有名なお菓子ですよね、 あの …

お湯を入れるだけじゃない!お茶漬けの素で簡単チャーハンレシピ

簡単にささっと食べれるお茶漬けの素、旦那様のお夜食や自分1人のお昼などに便利です …

とっても簡単!だれでもできる切り干し大根のサラダ

切り干し大根を使ったお料理といえば、定番の切り干し大根の煮物ですが、食卓に出して …

厚揚げとガリとじゃこの味付けいらずな簡単炊き込みご飯

ガリの甘酸っぱい味が大好きなのですが、お寿司と一緒に食べる以外に、何か良い方法は …

ホットケーキミックスでいつでもすぐできてお茶うけにぴったりなミニブッセを作る

今回紹介するブッセは、フランス菓子の一種です。 ブッセはフランス語で一口という意 …

おいしい半熟煮玉子は6つのステップで確実につくる

おいしい半熟煮玉子があると、本当に便利です。家でラーメンを作った時、豚の角煮をつ …

冷めてもおいしい海老のすり身の簡単カレー味のさつま揚げ

少しカレー粉のきいた、さつま揚げです。揚げたてはもちろん、さめてもおいしいので、 …

捨てずに美味しく簡単です!大根の皮で作るきんぴらの節約レシピ

寒い季節に大活躍の大根は、お鍋、煮物、お味噌汁とたくさん消費しますよね。使い勝手 …

ナンプラーを使った簡単エキゾチックサラダ

アジアンフードが大好きで、我が家には常に買い置きのあるナンプラー。 タイカレーな …