セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

心も舌もとろけるふんわりしっとりブッシュドノエル

   

特別な夜は、心も舌もとろけるリッチなケーキをみんなで囲みたいですよね。
しっとりふんわりなロールケーキ生地に、練乳入りの濃厚でお口の中でろけるようなホイップクリームが包まれた、至福のブッシュドノエルです。

ロールケーキは様々な作り方があり、研究を重ねましたが、この別立てシフォン式がいちばんわたしの理想のロールケーキです。卵を別立てにするので、ふわふわでキメが細かく、時間がたってもふんわり感が持続するスポンジで、とってもオススメです。おまけに巻く際も巻きやすいです!泡立てさえしっかりできれば、失敗なし。ふわふわになります。手間をかける価値があります♪デコレーションも楽しんでください♪あなたのセンスが光らせてくださいね。

〈材料〉
卵 4コ
小麦粉 70g
ココア 30g
砂糖 90g
サラダ油 60g
お湯 75g

チョコレートクリーム
生クリーム 200cc
練乳 20g
チョコレート 50g
砂糖 お好みで味を見ながら
ラム酒 お好みで

〈作り方〉
準備
クッキングシートを天板に敷く。
卵を白身と黄身に分ける。
オーブンを190度に余熱。
小麦粉とココアを合わせてふるう。

〈作り方〉

卵白を泡立てます。軽く泡立てて、砂糖の半分量を2~3回に分けて入れ、そのつどよく混ぜる。しっかりとした角の立つメレンゲをつくります!
ハンドミキサーを引き続き使って、卵黄のボールに残りの砂糖を入れ、白っぽくもったりするまで混ぜます。
卵黄のボールにサラダ油を入れよく混ぜ、お湯も入れて混ぜます。そこに粉類を入れて混ぜます。そして卵白の1/3を入れ、よく混ざったら残りの卵白の半分を入れて混ぜます。ここまでハンドミキサーを使ってください。
残りの卵白のボールに卵黄生地を入れ、ゴムベラに持ち替えて切るように混ぜます。
天板に流して、底をたたいて空気を抜いて、190℃で15~17分焼きます!
焼き上がり、粗熱が取れたらラップでぴっちりと包みます。
生クリームに少し砂糖を入れ、7分立てくらいまで泡立てたら、とかしたチョコレートと、練乳を入れ、固くなるまで泡立てます。最後にラム酒を入れてクリームの出来上がり。
ケーキ生地のシートを外し、別のシートの上に乗せ、クリームを広げ、丁寧にしっかりと巻きます。
冷蔵庫でしばらくおいて安定したら、切り株のデコレーションを施します。ここはあなたのセンスで!フォークを使って木の皮の模様をつけたり、ひいらぎの飾りを乗せたりして完成です。

〈ポイント〉
いちばんの難関はメレンゲの泡立てでしょう。最初に卵白だけを泡立て、細かくて小さな泡がたってきたら、砂糖を少しずつ入れていきます。ここでは焦らず、丁寧に泡をつぶさないように気をつけてください。

砂糖を入れるとツヤがでて泡が安定していきます!最初は高速で、そして角が立って良い感じになってきたら、低速で1分、全体の泡のキメを整えるように、ゆっくりと、ボール全体を円を描くように泡立ててゆきます。

すべての泡立てが完了したら、あまり時間をおかないうちに焼きましょう!このレシピは泡が命です。オイルが入ると特に泡がつぶれやすくなるので気をつけてくださいね。

巻くときのコツは、巻き終わり3センチにクリームを乗せないことと、包丁で浅く切り込みを何本か入れると、巻きやすくなるでしょう。途中で止めたりせず、思いきりよく巻くことも大事かもしれません。無理の無い範囲で息をとめて、クルクルッと行ってください。

ロールケーキはとっても奥が深いケーキのひとつです。研究すればするほど、すべてがバランスのよいロールケーキを作るのはむずかしいと感じていますが、とてもつくりがいのあるケーキです♪ぜひ、特別な日のケーキとして皆さんで楽しんでいただきたいです!

特にブッシュドノエルは一年に一度このときに心を込めて作りたい、すてきなロールケーキです。子供たちはきっと歓声をあげてくれるにちがいありませんね。

みんなに見せたときの笑顔を想像しながら作ると、わくわくドキドキ、作る喜びもひとしおです。デコレーションの工夫しだいで、かわいくも、シンプルにも、ロマンチックにも、おしゃれにもできる、センスの見せどころです。ぜひあなたのセンスと愛情ですてきなブッシュドノエルを!

母がつくってくれたブッシュドノエルを初めて見たときの感動は忘れられません。どうやって作ったのだろう、どんな味がするんだろう、子供ながらに、とってもわくわくしながら食べたものです。いま思えばロールケーキに一手間加えただけでできるケーキですが、子供心にはは感動と興奮がのこる、思い出の深いケーキですよね!

ぜひ、ご家族で心も舌もとろける、思い出にのこるすてきな夜をこのケーキで演出してくださいね!このふんわりとろける食感と濃厚な味わいはきっと、ご家族みんながよろこんでくれること間違いなしです。

シフォンタイプのロールケーキは翌日もふわふわ、さらにしっとり感も増すので、前日に巻くところまで作って冷蔵庫に入れておいて、当日にデコレーションというのがオススメです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

3つの材料でシンプルおいしいアボカドサラダ

アボカドを買って来たらいつも、ついついそのままわさび醤油で食べてしまう・・・でも …

高野豆腐で節約・かさ増し簡単豚の角煮

お給料日前になると、どうしてもお財布の紐も固くなります。 しかし家族からのリクエ …

クリスマスに食べたいコーンフレークで作るカリカリのフライドチキン

クリスマスといったらフライドチキンと言うほど、クリスマスの日のテーブルにはフライ …

食パンを使って簡単に作れるキッシュレシピ

キッシュと聞くとデパ地下などで買ってきて食べるという方が多いかもしれませんが、食 …

お湯を入れるだけじゃない!お茶漬けの素で簡単チャーハンレシピ

簡単にささっと食べれるお茶漬けの素、旦那様のお夜食や自分1人のお昼などに便利です …

お正月で余ったお餅で簡単美味しいいちご大福

お正月に使っていたお餅。あまりたくさんあると食べきれずにかびてしまうこともよくあ …

簡単!おいしい!余ったご飯でできるみたらし団子

ちょっと小腹がすいたときに、お子さんの健康を考えたヘルシーなおやつに、余ったご飯 …

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサ …

カフェ・デュモンド風の、外はカリッと中はもちもち、チョコバナナベニエを作ろう!

「ベニエって何?」ちょっと聞きなれない名前ですね。 ベニエとは簡単に説明すると「 …

そうめん(乾麺)でつくるチーズリゾットのレシピ

夏場にたくさん買ったそうめん、又は頂もののそうめん、お家の中に余っていませんか? …