セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

バルサミコ酢、使い切れなかったら煮詰めてソースにしておけば便利!

   

「何かオシャレ♪」という理由で買ったり、お土産でもらったりしたは良いけれど、そもそも何にどうやって使うのかしら。。。というバルサミコ酢、おうちの棚にひっそりと眠っていませんか?
バルサミコ酢はコクが深く酸味が控えめで、ポリフェノールもたくさん含まれているので、毎日の健康な生活のために取り入れたいですよね。

一番手軽に使える方法は、お鍋に入れて火にかけ、中火で焼く半量になるまで煮詰めてソースにしておくこと。
少しとろみがつくので100均などでスクィーズボトルを購入して入れておくと扱いやすいですし、常温で保存できます。(煮詰める時はお酢の強い香りが立ちますので、必ず換気扇を回してください。)

これだけで肉にも野菜にも使える万能ソースの出来上がり。ほんのり甘みがあって美味しい!
 

 
「バルサミコソースとトマトとモッツァレラチーズのブルスケッタ」

 
<材料>
バケット
プチトマト 10個ぐらい
モッツァレラチーズ 100gぐらい
フレッシュバジル 3枚ぐらい
ガーリック 1かけ
バター 適宜
塩コショウ 適宜
バルサミコ酢のソース 適宜

<作り方>

バケットは3センチぐらいの厚さに切っておく

 

プチトマトは縦横半分になるように4つに切る(つぶさないように気を付けて)

 

モッツァレラチーズは1.5cm角に切る

 

フレッシュバジルの葉を小さくちぎる

 

②、③、④をつぶさないようにスプーンで混ぜ合わせる

 

切っておいたバケットをきつね色になるまで両面トースターで焼き、片面だけガーリックを擦った上にバターを軽く塗る

 

⑥の上に5で混ぜたものを平らに乗せ、塩コショウ少々、更に上面だけトースターで焼く

 

モッツァレラチーズがトロっと溶けてきたら取り出し、バルサミコ酢のソースを回しかけて出来上がり。

 
<ポイント>
プチトマトを切るときは、トマトがつぶれないように気を付けて。
バジルはドライのものよりフレッシュの葉の方が美味しいです。細かく切りすぎないよう、手でちぎるぐらいが丁度よいでしょう。
具の方が余ってしまったらタッパーに入れ、オリーブオイルをひたひたになるぐらいまで注いでマリネ状にしておくと1週間ぐらい日持ちします(塩は入れないで!)

 
ホームパーティの時などはパリジェンヌ風の細めバケットを輪切りにしてブルスケッタにすると、トマトの赤、チーズの白、バジルの緑、ソースの茶色、見た目も鮮やかでしかも美味しい~♪ワインによく合うおつまみになりますね。
予め具の方だけ作り置きしておいて、食べる直前に作ってアツアツを召し上がれ。
大人にも子供にも喜ばれる一品です。
 
調理時間わずかの10分ほどですが、ソースも具材も別々の用途にも使えます。
例えば余った具材は炒めてパスタに、ソースはラム肉などを焼いた時のソースにも使えます。
アイデアを活かして、眠っているバルサミコ酢たちに活躍してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

鶏砂肝とクレイジーソルトのやみつき料理

安い鶏の砂肝を使ったマリネ?ピクルス?新しいサラダ感覚の料理です。 クレイジーソ …

アレンジも可能な食パンで簡単チョコまん

朝食や昼食用として買った食パン。 しかし最後の数枚が余ってしまったという時には、 …

レンジで作る簡単タコスを使ったトーストレシピ

『タコスを自分で作る』って聞くとなんだか大変そうですよね。 でもレンジでチンする …

冷蔵庫にある食材で!簡単ソッコー!思わず笑顔の丼レシピ

美味しいものをおなかいっぱい食べたいけれど、お給料日前でお財布の中もちょっと腹ペ …

シーフードミックスと塩からが絶妙なハーモニーを奏でるパスタ!

我が家の定番シーフードパスタに塩辛を加えることによって、磯の風味が倍増し、うまみ …

3つの材料でシンプルおいしいアボカドサラダ

アボカドを買って来たらいつも、ついついそのままわさび醤油で食べてしまう・・・でも …

くつくつ煮るだけ簡単!醤油ベースのもつ鍋

肌寒くなってきて、鍋の美味しい季節になりましたね!みんなでわいわい一つの鍋を囲ん …

シチューの翌日は余ったシチューで簡単ドリア!

シチューを作る時は、必ず少し多めに作るのが我が家の秘策です。 なぜかというと、余 …

ちりめんじゃこと青のりのふわふわ卵焼き

卵焼きといえば、お弁当のおかずの定番です。 みんな大好きな定番の卵焼きですが、た …

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサ …