セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ちりめんじゃこと青のりのふわふわ卵焼き

   

卵焼きといえば、お弁当のおかずの定番です。

みんな大好きな定番の卵焼きですが、たまにはいつもとちょっと違った卵焼きを作ってみるのもいいかもしれません。

いつもの卵焼きにちりめんじゃこと青のりを入れるだけで、いつもと違った卵焼きに変身します。カルシウムたっぶりで風味もよく、お父さんと子どもたちにも家族みんなに好評な一品です。

 

 
「ちりめんじゃこと青のりの卵焼き」

 
<材料>
卵       4個
ちりめんじゃこ ひとつかみ
青のり     小さじ1
だし汁     120ml
(水120ml+和風だし小さじ1)
片栗粉     小さじ1
しょうゆ    小さじ1/2
みりん     小さじ1/2
塩       ひとつまみ

 
<作り方>

ボウルに卵を割り入れ、白身を切るように混ぜます。

 

だし汁、片栗粉、しょうゆ、みりん、塩を卵を割り入れたボウルに入れてよく混ぜます。

 

ちりめんじゃこと青のりを加え、さらに混ぜます。

 

卵焼き器(卵焼き用のフライパン)に油を入れ、熱します。

 

火加減は、弱火にし、少しずつ、何度かに分けて卵液を流し、焼いていきます。いつもの卵焼きの要領で、フライ返しを使って巻いていきます。

 
<ポイント>
卵は切るように混ぜてください。
卵液をフライパンに流し入れるときは、ちりめんじゃこや青のり、片栗粉が沈んでしまうので、必ず、よく混ぜてから流し入れるようにします。

しょうゆとお塩は加減して、自分好みの味にしてください。
ちりめんじゃこに塩分があるので、塩はあまり入れなくてもしっかりと味がつきます。
卵焼きは、弱火でじっくり焼いて巻いていくのがきれいにできるコツです。

 
お弁当には定番の卵焼きですが、毎日のお弁当に少し変化をもたせたいとき、定番の卵焼きに飽きてちょっと違った卵焼きが食べたくなったときに、おすすめです。

ちりめんじゃこが入っていて、カルシウムも取れて、育ち盛りの子どもさんのお弁当のおかずにおすすめです。青のりの風味もよく、家族みんなのお弁当のおかずに入れても好評です。

 
お弁当のおかずの定番の卵焼きが、ちりめんじゃこと青のりをプラスするだけで、いつもと違った卵焼きに変身します。風味もよく、カルシウムも取れるので、育ち盛りの子どもさんにおすすめの一品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

小腹も満たせる「うどんで簡単!三つ編みドーナツ」

朝晩がぐんと冷え込んできた最近ですね。 お夕飯にお鍋をして、最後のしめにはうどん …

5分で完成!ご飯のお供を上品な副菜に

毎食の献立に困っている方に朗報!簡単であっという間に出来てしまうなめたけの和え物 …

簡単シンプル!お野菜たっぷり千切りキャベツ焼売

お野菜をたっぷり食べたいな~というときに。あま~いキャベツたっぷり、あま~い玉ね …

余り物同士で簡単に作れる*てりたまピザ*

ご家庭で作る手作り餃子は美味しいですよね♪しかし…餃子の皮ってついつい余らせてし …

ミネラルウォーターで作る水ゼリーを一年中楽しむ方法

人体の約60%は水でできています。専門家の中には最低一日1.5リットルの水を補給 …

美容効果バッチリ!アボカドと鮪のユッケ丼

アボカドといったら健康効果と美容効果のWの効果があることで有名ですよね。 そんな …

子どもと一緒に楽しく作れる簡単芋餅!

成長とともにお手伝いや料理に興味が出てきて、「お料理してみたいな~」とか「ママの …

レンジで作る簡単タコスを使ったトーストレシピ

『タコスを自分で作る』って聞くとなんだか大変そうですよね。 でもレンジでチンする …

ナンプラーを使った簡単エキゾチックサラダ

アジアンフードが大好きで、我が家には常に買い置きのあるナンプラー。 タイカレーな …

揚げずに簡単フライパンでカリカリ大学芋!

大学芋は油で揚げるのが普通ですが、油であげてしまうと、カロリーが気になってしまう …