セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ペットボトルはリサイクルだけじゃありません!飲料代節約に役立つ活用術

   

ペットボトルの飲み物を毎日購入する方も多いと思います。

朝出金するときにコンビニで1本、仕事をしながら会社の中で1本、仕事帰りに1本…と考えると、1日3本ぐらいペットボトルを飲んでいる方も珍しくないと思います。

飲み物の種類によって多少金額に差はありますが、500mlのペットボトルだと、定価で購入すると税込160円で販売されていることが多いですよね。先程のケースで考えると、160×3=480円も飲料代がかかっていることになります。これを1ヶ月毎日続けたとすると、480×30=1万1400円になります。もし、この飲料代を節約できたら、毎月大体1万円くらい浮くことになります。相当な節約効果ですよね。逆に言えば、それだけ飲料代を支払っていることになるわけです。

●スーパーやドラッグストア、通販を活用


毎日ペットボトルを持ち歩く、という方はスーパーやドラッグストア、通販を有効活用することをおすすめします。これらで購入すれば、定価が160円の500mlペットボトルが100円未満で購入できるので、大体50円~70円くらいの節約になります。1日3本ペットボトルを購入している方なら、毎日150円~200円くらいの節約効果が期待できるわけです。1ヶ月で考えると大きいですね。

ちなみに、いつも同じ銘柄のペットボトル飲料を購入する方なら、通販でまとめ買いした方が節約効果が高いことがほとんどです。amazonや楽天などでチェックしてみてはいかがでしょうか。

●2リットルペットボトルから移し替える

持ち運びに便利なのは500mlのペットボトルですが、節約効果を考えるなら、2リットルのペットボトルを購入しておいて、そちらに入れ替えてから持ち歩くようにすると節約効果が期待できます。

移し替えるのは多少手間がかかりますが、漏斗を使えば割と簡単です。

スーパーやドラッグストアの2リットルペットボトルは大体150円~200円くらいで販売されています。これを500mlのペットボトルに移し替えば、4本作れることになるので、1本当たりのコストは40円~50円くらい。かなりお得になっていますね。

●冷たいペットボトルを一日中楽しむテクニック

ペットボトルを持参する場合、冷たいままのものは難しい場合があります。特に夏場は熱中症対策の一環として冷たい飲み物が必要になることもあるので、おすすめのテクニックを紹介します。

それは、少し凍らせたものと、しっかり凍らせたペットボトルの2つを用意することです。具体的な手順としては以下のようになっています。

冷凍しても大丈夫なペットボトルを日本用意する
ひとつは4分の1くらい、もうひとつは半分くらいまでお茶やコーヒーなどをいれる
そのまま一晩冷凍庫に入れておく
翌朝家を出る前にコーヒーやお茶を入れれば完成!

このテクニックを利用すれば、午前中も午後も冷たくて美味しいペットボトルが楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

インスタントラーメンで腹持ち良くするには?

インスタントラーメンは美味しいけど普通の作り方ではイマイチ満足できない… 量的に …

狙った獲物は逃さない!主婦魂全開!地域の激安スーパーで戦利品Getで節約上手になろう。

食費の節約をするためには、気軽に通える激安スーパーを見つけることが大切です。 ス …

お財布に優しい惣菜屋さんはどこ?都内選抜-3店をご紹介します

自宅で揚げ物をするのが大変と感じる方もいらっしゃるかもしれません。お惣菜屋で買え …

コストコといえばコレ!みんなが愛する定番商品はこの5つ

車を走らせてコストコへ。コストコは都市中心部ではなくちょっと郊外にあります。です …

買い物後の下準備で食材のロスを減らし食費節約

まとめ買いは計画的に行わないと、腐らせてしまったり、料理を作っても食べきれずに捨 …

ストック買いの思わぬ落とし穴!?節約できずにお金が無駄になるかも

食費を大幅に節約できるストック買い。 安い時にたくさん買っておけば、その分だけ食 …

あなたは効率よくまとめ買い派?それとも毎日ちょこっと買い派?でも、節約効果が高いのはどっちなの?

食費を節約する場合、どのような食材の買い方をするかが重要となってきます。 大きく …

気分は栄養士さん。1週間分の献立を立ててできる食費節約術

食費を極力節約するテクニックのひとつに「1週間分の献立を立てる」という方法があり …

朝ごはん抜きはNG!節約してても”朝ごはん”をしっかり食べて栄養つけよう!

時間がないから朝ごはんを抜いているという人も多いようです。 しかし、朝ごはんを抜 …

食材は使いきれる分だけ!使い残しを出さない最後まで誠心で節約術

せっかくの食材を腐らせてしまうなど、食材のロスは少なからずあります。 とてももっ …