セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ゴールドカードを手にするメリット、それはクレジットカードを超越してステータスにもなる

   

ゴールドカードというのはクレジットカードのひとつで、一般のクレジットカードのひとつ上のランクのものです。

そもそもクレジットカードは銀行や信販会社の審査を通過した信頼できる人物であるという証でもあるというのが欧米での考え方で、クレジットカードを持っていないと社会的信用度が低いとされるのですが、ゴールドカードはさらにその上なので、持っているだけでステータスシンボルにもなります。
ゴールドカードに対して一般クレジットカードはクラシックと呼ばれ、ゴールドカードのさらに上にはプラチナ、ブラックと続きます。ただし、これらの呼び名は各会社で違います。

ゴールドカードを持つメリットはなんといっても限度額が違うこと。


一般カードでは受けられないサービスがあることです。これらは一定以上の利用額や収入、社会的地位が審査され、普通の若手会社員レベルでは審査に落ちることも多々あります。ですので、持っているだけでもステータスが上がるのです。

ゴールドの悲しいデメリット


それだけしっかりしたサービスを受けられるということは、残念ながら年会費もそれなりにしてきます。とはいっても、ゴールドだとせいぜい1万円から数万円レベルです。それほど高くはないのですが、年会費無料と比べると、持つことにそれなりの覚悟がいるかもしれません。
残念なことに、最近はゴールドのステータスに憧れがある層をターゲットに、クレジット会社によっては一部サービスは受けられなくてもゴールドに似たステータスのカードを作っています。年会費も限度額も一般カードよりは上ですが、従来のゴールドよりずっと低くなっています。
ゴールドカードはその名の通り、カード自体が金に塗られています。ですので、見た目ですぐにそのステータスがわかるのですが、昨今の廉価版ゴールドカードの登場で、そのステータスも徐々に失われつつあります。
ゴールドで受けられるサービスもいいですが、一般カードでも節約術はできるので、それほどゴールドに執着する意味はないような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

クレジットカード界の最強のグレードはブラックカードだ!!!!

ブラックカードはアメリカン・エキスプレスが始めたグレードなんです。 クレジットカ …