セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

JCBは日本人なら持っておくべき!日本ではほぼ最強とも言える1枚

   

JCBは日本のクレジットカード会社で、一応世界5大国際ブランドのうちのひとつに数えられています。

日本国内では6000万人以上の所有者がいて、加盟店舗数も非常に多いです。
JCBという名前は前身の社名「日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)」の頭文字から取ったものです。1978年にJCBという社名に変わりました。
JCBには株式会社ジェーシービー発行のものと提携カードがあります。両方ともJCBカードですが、JCB社のサービスを100%受けたい場合は直接発行しているものを持つべきでしょう。

それから、JCBはとにかく日本国内で強いクレジットカードです。海外にあまり行かないのであれば、迷うことなくJCBを選らんでもいいでしょう。ざっと見ても、日本国内でクレジットカードが使える店であれば99%はJCBカードが利用できます。
さらに、JCBカードは様々な不正に対処する会社として知られています。例えば、加盟店がクレジットカード利用手数料を別途請求している場合、即刻加盟店契約解消などの措置を取ります。安全に利用できるのが魅力です。

国内より海外は使いにくくなるが……


JCBは日本国内で強いのですが、日本人の多いハワイやグアム、香港、台湾、ロサンゼルスなどはJCBの加盟店がそれなりに多く、それほど困ることはありません。
それどころか、そういった国こそ実はJCBカードを持っていくべきなのです。というのは、そういったエリアには大抵JCBのデスク(JCBプラザやJCBプラザラウンジなど)があるので、会員であれば日本語でトラブルなどの相談ができるからです。
それから、一時期こそVISAなどと比べて加盟店が少なかった海外ですが、最近は増加中ですし、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブとの連携も強めているので、アメリカなどではJCBカードをそれらの加盟店などでも利用できます。日本人が増えているタイやベトナムでも、各国の銀行と提携をしてJCBカー ドを発行している場合もあります。
とにかく、これ1枚あれば、デスクがある国では日本語で相談ができるので、かなりメリットはあることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

日本では知名度こそ低いが、ハイグレードなダイナースクラブカード

・実は世界初のクレジットカード会社がここなのです ダイナースクラブカードは日本で …

マスターカードは2大国際ブランドのひとつで欧州で強いとされるクレジットカード

VISAと並ぶクレジットカードの世界2大国際ブランドがこのマスタカードです。 マ …

アメリカン・エキスプレスはハイステータスだが節約には向かないクレジットカード

・アメックスは5大国際ブランドのひとつ 一般的にアメックスと呼ばれるのが、このア …

国際ブランドカード1枚は持つべき!世界で最も有名なクレジットカード”VISA”の話

クレジットカードの国際ブランドで真っ先に思いつく人が多いと思われるのはやはりVI …