セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

アピタやピアゴなどが近所にある人がUCSカードを持っていないと損するワケとは?

   

アピタやピアゴ、サークルKやサンクスが近所にある人はUCSカードを持っているとお得です。

ユニーグループの店は同グループ会社が発行するカードに対して非常に有利なポイントや特典を用意しているからです。
まず、UCSカードの概要ですが、これは株式会社UCSが発行する年会費無料のスタンダードカードです。アピタやピアゴをはじめとしたUCSのマークのある店や、カードに表示しているのと同じクレジットカードのマーク――MasterCard、VISA、JCBのいずれかがあれば利用できます。つまり、海外でもこの3社のいずれかの加盟店であれば利用が可能というわけです。
このクレジットカードは特にユニーグループのアピタやピアゴ、ユーホーム、サークルK、サンクスで特別な割引や、グループで使えるUポイントのポイントUPサービスが受けられます。ほかにもサービスデーが豊富に用意されていたり、ガソリンスタンド「宇佐美」でもガソリン代がリッターあたり2円引きとなります。これはなかなか大きいですね。
付帯保険も充実しています。「UCS旅とくプラス」に登録すると海外旅行傷害保険、国内旅行保険が付帯してきます。「UCS旅とくプラス」というのは年会費1000円がかかりますが、会員だけでなく家族全員の旅行保険が年に何度も使える補償プランです。海外旅行として自宅を出発したときから帰着するまでの最長90日間が保険の対象になります。この保険は死亡後遺障害で最高1000万円、傷害の治療で1回あたり100万円まで、なにか問題を起こして賠償責任を問われた場合でも1回あたり2000万円を限度に補償されます。
ほかにはショッピング保険もあります。1品が5000円~100万円の商品が対象となり、UCSカードを使って購入したものに対しては購入日から90日以内に偶然の事故などで損害を被った場合に補償されます。
スタンダードなクレジットカードでありながら、かなり便利なものであり、生活に沿った使い方でよりポイントが貯められるカードになっています。貯まったポイントを有効に利用できれば、節約も大幅にアップします。

ユニーグループにはどんな会社がある?

自宅近辺にユニー系の店舗がある人には特にUCSカードは節約になって便利なカードです。UCSカードを発行する会社もまたユニーグループなので、より有利になることは間違いありません。そんなユニーグループにどんな会社があるのか、調べてみましょう。
まず、小売りチェーンとして知られるユニー株式会社は本店を愛知県の稲沢市に置いています。設立は2012年2月と意外に最近です。衣食住と余暇を提案する総合小売チェーンストアで、2015年5月時点で228店舗を数えるまでになっています。
それから、首都圏を中心に生鮮や惣菜を売る、食品ミニスーパーのベンガベンガもあります。本拠地は神奈川県の横浜市です。
コンビニ事業も手がけています。会社名は株式会社サークルKサンクスで、名前を聞けばすぐにわかるように、サークルKとサンクスがあります。北海道から九州まで全国38都道府県に展開しているので、グループ内の店舗でも特に利用者が多いのではないでしょうか。世界へ向けて「Circle K」ブランドのイメージ向上を目指していて、ベトナムなどにはすでに進出しています。
株式会社99イチバは都市型小型スーパーマーケットのミニピアゴを展開しています。日本の高齢化や単身世帯の増加、女性の社会進出などによるマーケットの変化を先取りし、簡単で便利に使い切れる商品や新鮮で安心、安全な生鮮食品、安くて良質な生活必需品を提供しています。
ほかには着物のさが美、生活雑貨・ファッションのカラコ、我楽屋おかめ、リヴァンス、オレンジハウス、シャズボットなどブランドショップなどがあります。
そして、グループ会社で忘れては行けないのが、UCSカードを発行する株式会社UCSです。顧客のニーズに応えられる各種金融サービス事業を展開しています。主なものにクレジットカード事業、保険代理店事業、旅行代理店事業などがあります。
これがユニーグループが展開する会社です。ほかにもサービス業や食品製造、旅行代理店などもあります。

UCSカードで生じるデメリット

この記事ではUCSカードのメリットをたくさん書いていきます。というのは、UCSカードにはあまり大きなデメリットがないからです。
強いて挙げるとすれば、近所もしくは生活圏内にユニーグループがなければ持っていても意味がないという点でしょう。このカードは節約派がいう流通系と呼ばれる、スーパーマーケットなどが発行するクレジットカードです。流通系クレジットカードは日常生活で利用するとポイントが貯まりやすいという特徴があるため、UCSカードでいえばアピタやピアゴ、サークルKやサンクスが近所になかったらはっきり言ってあまり役に立ちません。
それから、UCSカードは年会費無料の、いわゆるスタンダードなクレジットカードです。節約派がクレジットカードで注目するポイントは還元率かと思います。いくら使うとどれだけポイントで還元されるのか、そしてそのポイントでどれだけの買いものができるのかが重要なわけです。UCSカードはユニーグループもしくはUポイント提携店で利用すれば、よりたくさんのポイントが貯まる仕組みになっています。このシステムがUCSカードの流通系としての魅力をよりアップしているわけですが、それ以外の店でVISAやJCBのカードとして普通に利用すると、還元率は0.5%にしかなりません。
一般的なクレジットカードというのは還元率が0.5%程度であるのが普通です。1%以上はそれなりにいいカードだと言えるでしょう。この0.5%というのは1万円の利用で50円が還元されるという意味になります。ですので、UCSカードの還元率はその他の一般的なカードと同じレベルですから、決して悪いわけではないのですが、別に特別というわけでもないので、そこには魅力がありません。
後述しますが、ユニーグループなどで利用するとポイントがものすごく多く貯まります。ですので、もし生活圏内にユニーグループがないのであれば、まあ、UCSカードを持つことにメリットがない。というのがデメリットになるのでしょう。
このようにUCSカードには大きなデメリットはありません。単にメリットがない人が一部にいるという程度です。

では、UCSカードのメリット ポイントの貯まり方をチェック!

では、ここでそのメリットであるUCSカードのポイントの貯まり方を見ていきましょう。キャンペーンなどを利用したり、サービスデーを利用するとよりよく貯まります。このUCSカードはほかのカードと違って、たくさんのサービスデーが用意されています。流通系の魅力ですね。
UCSカードのUポイントは通常では毎月の利用合計金額200円ごとにUポイントが1ポイント貯まる仕組みになっています。1000ポイント以上貯めると、1000ポイント単位で1000円分の商品券か電子マネー「ユニコ」、JALマイレージバンク(1000ポイント=500マイル)などに交換できます。これらを利用して次の買いものや旅行で節約をするのです。
ポイントを効率的に貯めるのにまず利用したいのがボーナスポイントです。

アピタやピアゴなどで商品にポイントアップの表示があるので、それを利用すれば通常ポイントにボーナスポイントが加算されます。例えば、ボーナスポイントが10ポイントと表示された379円の食品と、ボーナスポイント20ポイントとある255円の洗剤を買ったとしましょう。10ポイント+20ポイントですからこれだけで30ポイント、これに通常ポイント600円分の3ポイントを加えて、合計で33ポイントがもらえます。通常の場合が3ポイントなのに、10倍ものポイントが別途手に入るわけです。今回の例では634円の買いものですが、通常ポイントで同じだけ貯めるには6600円分も買いものをしなければなりません。これは大きいでしょう。
サービスデーも利用しましょう。
日にち限定や隔週のサービスがあります。アピタ、ユーホームの各店直営売場では毎月19日と20日に衣料品、食料品、暮らしの品が5%オフになります。アピタやピアゴ、ユーホーム、一部専門店では毎月第2日曜日にUポイントが2倍です。
毎週あるサービスデーも注目です。毎週水曜日はアピタネットスーパーでUポイントが2倍、毎週金曜日はピアゴの各店直営売場で衣料品や食料品、暮らしの品が5%オフ。土・日はサークルKやサンクスでの買いもので得られるUポイントが2倍になります。
UCSのインターネットショッピングサイトであるUCSぽいん貯モールで買いものをすると、なんと30倍のポイントが獲得できる特典もあります。そのほか、ガソリンスタンドの宇佐美でUCSカードを使うとガソリンや灯油、軽油がリッターで2円引きだけでなく、カーケア商品――タイヤやオイル、バッテリーなども5%引きになります。
さらに、指定された引越会社の利用代金をUCSカードで払うと最大で20%割り引きが受けられたり、得タクのステッカーが貼ってあるタクシーでUCSカード利用者に対しUポイント5倍の特典があります。また、1000ポイントを500マイルとして、JALマイレージバンクへ移行することも可能です。
公共料金などもUCSカードで払えるので、できるだけ支払いをまとめることでポイントを多く集めるようにしましょう。
Uポイントで交換できる商品券などですが、これは贈り物にも利用できる便利なものです。交換できる商品券にはユニー系店舗で利用できるユニー商品券や図書カード、三井住友ギフトカードなどがあります。買いものでポイントを貯めて、ユニー商品券に交換して使えば、それも節約に繋がることでしょう。

まだまだある!  UCSカードのお得な使い方

UCSカードのポイント獲得はサービスデーなどを利用するとより多く貯まるわけですが、ほかにも割引サービスを利用することで節約を効率よくすることも可能です。
例えば、バースデープレミアムです。誕生月に買いものに行く際に5%オフのチケットが利用できます。アピタやピアゴ、ユーホームで利用できるもので、誕生月の前々月の11日から前月の10日までにUCSカードで買いものをすると、誕生月に使えるクーポンがもらえます。例えば5月生まれの場合は3月11日から4月10日にUCSカードで買いものをします。そして、5月中に利用できる割引クーポンがもらえるというわけです。
それからプレミア5%オフチケットもあります。毎月10日までにUCSカードを使ってアピタ、ピアゴ、ユーホームで買いものをすると、次の明細書送付の際に5%オフのチケットが同封されてきます。これとUCSカードを併用することでその買いものが5%オフになります。これはつまり、毎月普通にアピタなどで買いものをしていれば毎月もらえるチケット、ということになります。利用するだけでお得になるので節約にはぴったりです。

暮らしのサポートも充実しているのが特徴的

UCSカードは海外旅行保険など付帯保険も充実していますね。これはスーパーなどが発行する、暮らしの節約に即した流通系クレジットカードの特徴のひとつです。
しかし、UCSカードはそれだけではありません。グループ会社などによる保険各種も割安で加入できますし、カーリースなども利用可能です。車は維持費がかかるので、昨今は車を持たずにレンタル、カーシェアで必要なときにだけ利用するという人も増えています。UCSカードで利用できるカーリースはオリックスとの共同提案として、例えば5年契約で車をリースし、2年後に返却しても新車に乗り換えてもいいという新しいスタイルです。
さらに、UCSカードでは他社では見たことのないサービスも用意しています。
それは、女性のためのライフプランセミナーです。お金のプロであるファイナンシャルプランナーが、女性のUCSカード会員のために貯蓄や節約のコツ、保険の基礎知識などをレクチャーしてくれるものです。流通系のカードは特に女性が多い傾向にあるので、これは素晴らしく、画期的なサービスと言えるでしょう。
このようにUCSカードはユニーグループが近所や生活圏にある人が持つと、ポイントが貯まりやすく、指定日には大きな割り引きを受けられたり、保険に入って生活を安定させることができたりといった、非常にメリットの大きなクレジットカードです。むしろ、それらの店舗が近くにあるのにUCSカードを持たないというのはナンセンスです。先ほどの例でも書きましたが、ボーナスポイントを利用すれば、6600円も買わないと貯まらないポイントがわずか700円未満でも貯まってしまうくらい効率的なのですから。
UCSカードはいわゆる流通系カードの中でも突出して魅力があるのは間違いありません。残念ながらユニーグループが身近ではない方にはほぼなんの魅力もないカードではありましょう。もし自宅や勤め先などの近所にサンクスやサークルKでもあれば、このUCSカードへの加入に前向きに考えるべきです。
UCSカードはユニーグループの近くで日常生活での買いものを節約したい派に向いた1枚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

車をよく使う人は石油会社系クレジットカードでガソリン代をガッツリ節約しよう!

オイルカード、ガソリン系カードとも呼ばれる 石油会社系クレジットカードは、石油関 …

海外に強いクレジットカードがほしい人はサービスや特典を見て選べ!

海外での利用に強いクレジットカードというのもあります。 昨今は海外旅行で外国に渡 …

知らない人が多い ANAカードでマイルを加速度的に溜めてしまう方法

ちょっと上級の旅をするならANA、やっぱりANAの乗り心地は他とは一味違いますよ …

憶えておきたい「リボ払い」の意味。分割払いの定額制のようなもの

クレジットカードの支払い方法は大きく分けて一括払い、分割払い、リボ払いですが、リ …

ソラチカカードはこうやって使い倒す ANAカードとの提携で航空機に乗りまくり

東京メトロのソラチカカード(正式名ANA To Me CARD PASMO JC …

カード入会特典をもらって入会した方が得!

クレジットカードは入会すると特典をもらえるものもよくあります。 ライフスタイルに …

クレジットカードで心配なのは安全性!?メリット・デメリットを見極めて!

クレジットカードは一般的な会社員などはみんな持っているほど普及し、その分、事件な …

旅行代のお得な貯め方 知らなかったこんな方法があったとは… ANA旅行積立

今度の夏には旅行に行きたいな。でもなかなか旅行代金をためるのは大変だなぁ。 こん …

楽天で買い物すればするほどポイントが貯まる~

楽天市場を利用する機会が多い人には楽天スーパーポイントを効率的に貯めることができ …

JCB LINDA(ジェーシービーリンダ)はお得な特典が満載の女性向けカードです!

目次1 JCB LINDAにはどのような特徴があるのでしょうか?2 JCB LI …