セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

DCMX GOLDカードの10%ポイント還元は節約派には見逃せない!

   

日本の携帯業界では以前から始まっている、使っていた携帯電話番号を他社のキャリアに移動できるMNP(携帯電話番号ポータビリティー)と、2015年5月に開始されたSIMカードのフリー化で携帯電話とキャリアを選ぶ選択肢がユーザーにとって大幅に増えました。これは逆に言えば、携帯会社各社にとっては新規ユーザー獲得がかなりシビアになったということになります。

そんな新規ユーザーへの吸引力のひとつとして、各種サービス――例えばキャッシュバックキャンペーンや加入特典などで、キャリア各社の競争が加熱しています。その中で大手のNTTドコモが打ち出してきているサービスのひとつが、クレジットカードです。
ドコモのクレジットカードにはDCMXカードとDCMX GOLDカードがあります。これはdocomoの「o」を抜き、未知数「x」を加えた造語で、クレジットカード業界の中で大きく羽ばたいていきたいという願いからつけられた名称のようです。
これらDCMXカードシリーズの魅力は維持費が安い点です。節約派には年会費を払いたくない人も多いかと思いますが、DCMXシリーズは低設定になっているので安心です。まず、一般カードのDCMXカードの年会費は初年度は無料、次年度以降は1250円(税抜)です。しかし、年にたった1回でもカードを使えばこの次年度からの年会費も無料になります。そして、ゴールドカードであるDCMXゴールドは、さすがにゴールドということもある上、海外旅行保険など各種付帯しているので、会費は1万円(税抜)がかかります。

ドコモのDCMXシリーズはそのままの通り、ドコモの携帯電話料金支払いに利用するとより効果的に節約が可能です。ここでは特にお得になる、DCMXゴールドの魅力を紹介します。まずは、DCMXゴールドが最も貯まりやすいドコモ・ポイントについてのメリットを見てみましょう。

DCMXゴールドだと10%もポイントが貯まる!

DCMXゴールドを利用すると、ドコモが運営するドコモ・ポイントが実に10%も貯まります。これは非常に大きなメリットになるでしょう。
DCMXシリーズの還元率は1%です。節約派にとって還元率は重要な確認事項かと思いますが、一般的なクレジットカードが0.5%程度の中、1%の還元率はなかなかの高率です。しかも、ドコモの携帯電話料金やドコモ光の利用料をDCMXゴールドで支払うと、なんと10%もの還元率になります。これは見逃せいないですね。
ドコモ・ポイントを貯めるには「ドコモ・プレミアクラブ」に入会していなければなりません。ここから、様々なショッピングサイトなどでポイントを利用したり、カードを使ってポイントを貯めていきます。このクラブではポイントの貯まり方がステージによって違っています。基本的にはドコモの継続利用期間で決まっていくのですが、1stステージから3rdステージ、次にプレミアステージ、グランプレミアステージへと続いていきます。各ステージに応じて1000円利用につきもらえるポイントが変わってきます。1stステージで5ポイント、グランプレミアで25ポイントです。指定のサービス――有料サービスの「あんしんパック」か「おすすめパック」、さらに「ケータイ補償サービス」か「iコンシェル」などを選んで利用したり、DCMXカードかDCMXゴールドで支払いをするとそれぞれ5ポイントずつ別途入ります。例えば、グランプレミアで1万円の携帯電話利用があれば、合計で25×10+5+5の260ポイントとなります。
ただ、ステージアップに関しては非常に厳しく、継続期間が重要です。ドコモ・グランプレミアステージで連続した継続期間が15年以上も必要です。今年(2015年)でいえば、2000年から契約していないとステップアップできないわけです。
しかし、DCMXゴールドの会員は違います。この「ドコモ・プレミアクラブ」ではなんとDCMXゴールド会員向けに特別にゴールドステージを用意しています。継続期間は関係なく、DCMXゴールドを持っていればいいのです。このステージが1000円につき100ポイントという、還元率10%の特典を受けられる唯一のステージです。携帯電話などを1000円使うたびに、別のサイトで100円分の買いものができるというわけです。これは節約派としては見逃せないかと思います。

ちょっと注意したいのは悪い噂もあるということ

そんな魅力あるDCMXゴールドやDCMXカードにはネット上で悪い噂もあります。
例えば、先のグランプレミアステージですが、ポイント付与は毎月の利用料金1000円につき25ポイントなので、還元率は2.5%になっています。これが現在のポイントシステムになる以前の数年前はプレミアステージでも100円で4ポイント、つまり還元率が4%だったそうで、そう考えると今のシステムは大幅な改悪だという話です。
また、それまでは100円単位でポイント付与されていましたが、改定後に1000円単位に変更になった点も指摘されています。1000円以下の端数にはポイントが付与されないのでひどいというコメントも少なくありません。例えば、7990円の利用では、7000円分しかポイント付与がなく、990円は切り捨てられてしまうのです。以前であれば、切り捨てはせいぜい90円だったのに、です。
それから、ポイント・システム自体がDCMXカードかDCMXゴールドを持っていないと優遇されない点が多くなったことも指摘されています。
要するに、数年前の改定は有料指定サービスに加入せず、かつDCMXゴールドなどを持っていない場合においては、長い間ドコモを継続利用していたとしても不利な状況になるということです。
10年以上の継続でドコモを使っていた人が毎月の20900円以上利用していた場合、還元率が7%から2.5%と、約65%も大幅に減ってしまったのです。
ですので、現実的に、ドコモのポイント・システムは以前と比べて悪化したのは確かかもしれません。
しかし、その話に惑わされてはいけません。普通にDCMXゴールドに加入すればいいじゃないですか。ただそれだけです。これまで持っていた人から見たら悪くなったかもしれませんが、今から新規で持つという方には関係のない話に過ぎません。DCMXゴールドかDCMXカードでもいいので保有すれば、他社の一般的なクレジットカードよりずっとよいポイント還元が得られるので、そういった愚痴めいた噂には耳を貸すべきではありません。

DCMXゴールドのメリットを改めて確認しよう!

というわけで、DCMXゴールドがどれだけいいクレジットカードであるかを今一度再認識しましょう。
まず、DCMXゴールド=ゴールドステージ会員には毎月5万人分もの抽選プレミアムクーポンが放出されます。これに当たれば旅行やショッピング、食事が節約しながらより高いステージで楽しめるようになります。優待券というのもあって、入会初年度は5000円分、2年目以降も年間利用額100万円以上で1万円分、200万円以上で2万円分の優待券がもらえます。
ケータイ補償も付帯します。購入からなんと3年間までの故障や紛失にキャッシュバック10万円というものです。
それから、旅行保険ですね。海外旅行保険だけでなく、国内旅行もカバーします。しかも、日本国内の主要空港ならラウンジも利用可能なので、節約をしながらハイ・ステータスを味わえる魅力があります。これはゴールドカードならではですね。
家族カードもDCMXゴールドはDCMXカードよりも魅力的です。というのは、一部受けられないものもありますが、家族カードでもDCMXゴールドのステータスが共有できるからです。ETCカードで賢くドライブしたりも可能です。
それから、DCMXシリーズは元々電子マネーであるiDとクレジットカードの融合なので、問題なくiDも使えます。コンビニなどでの支払いが便利ですし、おサイフケータイでも利用でき、未対応機種には専用のカードもありますので、使い勝手はいいものです。
それから、最初の方でも説明したように、ショッピングでの還元率は通常で1%です。これもなかなかいい歩合ですから、なにか買いものをする際はできるだけDCMXゴールドを利用するようにしましょう。そうすることでより節約術が楽しいものになることでしょう。

ポイントアップモールを活用したら、ドコモ・ポイントがもっと貯まっちゃう!

還元率1%ですが、ドコモが運営しているポイントモール「DCMXドコモ・ポイントアップモール」を活用すればよりよくポイントが貯まります。
このポイントアップモールはドコモがDCMXゴールドやDCMXカードのユーザーのためだけに用意しているオンラインショッピングモールです。特別な登録や手続きが不要のまま、そのモールを経由して買いものをするだけで、通常の1.5~10.5倍ものポイントが得られるという、節約派必見のサービスです。この「DCMXドコモ・ポイントアップモール」で直接でもいいですし、楽天やAmazonで検索して商品をみつけ、それをDCMXゴールドやDCMXカードで支払うだけで最大で10.5倍ものポイントが入るわけです。
例えば、旅行に行きたいときは楽天トラベルやJTB、近畿ツーリスト、H.I.S.など名だたる有名旅行代理店でチケット購入やツアー申し込みなどをすれば、得られるポイントは通常の1.5~2倍にはなります。
検索はジャンル分けがしっかりされているので探しやすいです。しかも、すでにたくさんの企業や商店がこのサイトと特約を結んでいるので、買いものはすべてここだけで済みそうです。DCMXの場合であれば、こういったところで年にたった1回だけでもカードを使えば、2年目以降、毎年年会費が不要になるわけですから、その分もまた節約に成功したということになります。
ほかにも公共料金の支払いにDCMXゴールドやDCMXカードを使ったりすることでポイントを貯められます。また、日経新聞電子版の定期購読を申し込むと、DCMX会員は最初の2ヶ月間は購読料が無料になります。
これでさらに節約が促進されますね。

ポイントの使い方も知っておこう!

せっかく貯めたポイントですから、ちゃんと使っていきましょう。クレジットカードのポイントは使ってこそ節約になるのですから。
まず特筆すべきは、ドコモ・ポイントは1ポイント1円が基本です。DCMXゴールドで携帯電話料金を支払えば1000円ごとに100ポイントもらえるのはご存知の通りですが、これはつまり100円が返ってきていることになります。1万円の携帯料金の場合であれば、付与されるのは1000円ですから、結構大きいです。
では、どんなところで使えるのかを見てみましょう。
まずはコンビニやファストフードなどで利用できるiDの契約店で使えるギフトカードへの交換です。ドコモ・ポイントはiDクーポンに交換できるので、交換しておけば電子マネーのiDで買いものをしたときに商品代金から値引きされます。
それからネットショップですね。特に「dマーケット」がお得に利用できます。ほかのショップ同様に普通の製品を買うこともできますし、ドコモの携帯で利用するコンテンツを買うこともできます。ここでは1ポイントが1.08円で購入できるものもあるので、ほかで買うよりも高率でオススメです。
携帯の機種変などでドコモの商品を購入する際にもポイントが活用できます。昨今の携帯電話機器は値段が高くなっていますから、これもまたお得ですね。
ここまでは1ポイント1円です。次はややレートは悪くなりますが、でもお得なチャンネルになります。
まずはドコモがDCMXゴールドなどの会員向けに行っている商品交換です。カタログなどからポイント数が指定された商品を選び、その分のポイントと交換するサービスです。2500ポイント分から商品があるのですが、これはものによって得になる場合と、還元率が下がってしまう場合がありますので、よく吟味してから注文するようにしたいものです。
それから、商品券交換というものもあります。VJAギフトカードに交換できるのですが、5000円分に換えるのに8000ポイントが必要になります。ややレートが低いですね。それでも、使い勝手がいいので評判はいいようです。
あとは日本航空のマイレージ交換です。5000ポイントで2500マイル分です。レートが一見半分のようですが、これもまた使い方次第で高くも安くもなるものです。いずれにせよ、旅行の際に強い味方になるので、旅費節約には大いに役立つことでしょう。
というわけで、基本的にはドコモ・ポイントでなんでも買えるという認識でいいかもしれません。それほど便利で使いやすいものだと言えるでしょう。

もう一度確認! 持つならDCMXゴールド!

もう一度確認すると、DCMXカードを持つのであれば、絶対的にDCMXゴールドにするべきです。還元率の高さ。ドコモ・プレミアクラブでの優遇の度合い。ポイントアップモールでの特典。ポイントの使い勝手よさ。どれを取ってもDCMXカード、いや、ほかの一般的なクレジットカードには負けていません。
確かにDCMXゴールドは年会費1万円もかかるデメリットはあります。DCMXなら年に1回だけでも利用すれば年会費無料です。その魅力は高いですね。そして、どこで使っても還元率1%というのもDCMXゴールドもDCMXカードも同じです。しかし、補償や付帯保険の充実度などはDCMXゴールドにDCMXカードではまったく太刀打ちできないほどです。こういってはなんですが、やはり腐ってもゴールドカードなのです。ステータスは高いでしょう。
とにかく、DCMXゴールドはドコモの携帯電話などの利用者にとってはかなり優れたカードだと言えます。ドコモ・ポイントを貯めるに最適なクレジットカードであることは間違いありません。携帯料金を1000円払うごとに100ポイントも手に入るなんて、他社ではありえない設定です。
このレベルは節約派にとってはまったく無視のできない数値かと思います。数年前のポイント・システムの変更で大幅に変わってしまった還元率のためにネットでは批判も多いようですが、今回のように、あくまでもDCMXゴールド保有からのドコモ・ポイント獲得における見解では、現在の各種一般クレジットカードと比べたらそもそもの還元率もいいわけです。DCMXゴールドを持つべきでない理由すら思い浮かばないほどです。
クレジットカードのゴールドクラスを持ちたい方。ドコモで携帯電話などを利用されている方。これから機種変をドコモで考えている方。こういった人は間違いなくDCMXゴールドを検討するべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

クレジットカードは賢く使えば食事も節約できる

クレジットカードの節約術の中で最も注目したいのはやはり使う機会の多い食事ではない …

返済ができなくなったらからと踏み倒したらどうなる?

昨今のクレジットカードは、カード利用だけで借金が膨れあがり返済不能になることは稀 …

クレジットカードのアンケートに答えて節約+副収入GET!

主婦などちょっとした時間が持て、大きく稼ぐつもりはない方に人気の副職としてアンケ …

マイルがよく貯まる航空会社系カード。日本では大手のANAとJALが有名

エアラインカードとも呼ばれる航空会社系クレジットカード その名の通り航空会社が発 …

国際ブランドカード1枚は持つべき!世界で最も有名なクレジットカード”VISA”の話

クレジットカードの国際ブランドで真っ先に思いつく人が多いと思われるのはやはりVI …

買い物でポイントをしっかり貯めたいなら通常よりも多く貯まるカードを選ぶべき

クレジットカードを使って得られるポイントを貯めたいという人も多いでしょ う。 目 …

過払い金には時効があるので、あとで取り返せる!?

クレジットカードで借りたお金などを完済してしまった場合でも、もし過払い金があった …

車をよく使う人は石油会社系クレジットカードでガソリン代をガッツリ節約しよう!

オイルカード、ガソリン系カードとも呼ばれる 石油会社系クレジットカードは、石油関 …

金利って何??はダメ!絶対しておくべき事項!わからない人はここでお勉強しましょう!

日常生活にも関係する仕組み 金利と一口で言っても様々なものがあるのですが、簡単に …

NTTグループカードはNTT関連サービスを利用している人に最適なカードです!

NTTグループカードの特徴をご紹介します! 「NTTグループカード」は、普段から …