セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

カード会社はどうやって儲けてる?クレジットカードのシステムを知っておく

   

クレジットカードは20世紀初頭には登場していたシステムです。

あるお金持ちがレストランに行った際に現金が財布になくて困ったことから思いついた仕組みとされています。

クレジットカードのクレジットとは後払いなどの意味です。この仕組みを理解することで、使い方や節約方法が身につくかと思います。まずは、クレジットカード会社がどのように儲けているのか見てみましょう。
まず、クレジットカード会社は分割払い時の利息や手数料、それから加盟店が払う手数料から収益を得ています。レストランやショップにカード会社のロゴが貼ってありますが、あれが加盟店である証拠です。カードユーザーがカードを使うと、商品代金に加えて手数料もしくは利息がかかり、それがクレジットカード会社の収益になるのです。
加盟店手数料を具体的に説明すると、加盟店は決済のときに通信システムを導入し、それにカードを通して決済しています。そして、そのシステムの使用料として商品販売代金の3~5%が販売店からクレジットカード会社に支払われ、これが手数料となります。
クレジットカード会社はこうして利益を得ています。これがクレジットカードの基本です。

加盟店にメリットがある?


顧客がクレジットカードで買いものをすると、そのたびに販売店は手数料を払わされるわけですから、実際には販売利益が減ることになりますね。そうなると損をするだけです。
しかも、カード決済システムの機械を導入するにもコストがかかりますし、決済のための処理に時間もかかります。最近では、カード犯罪への防犯対策や個人情報の扱いにも気を使わねばならないので、大変なだけです。
それでも販売店がカード決済を導入するのは、顧客の購入機会の喪失を防ぐためです。ほしいけど財布にお金がなくてあきらめる層を逃さないために導入しているのです。本来の利益よりも少し減ってでも買ってもらった方がゼロよりいいという考え方です。
ほかにも現金扱いが減るので、釣り銭不足に悩まされたり、強盗に入られるリスクが多少とも減ります。欧米のようにカード支払いが一般的だとなおさらそのメリットが高くなります。
昨今はポイントなども貯められるようになっているので、日本も今後クレジットカードがより普及することでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

LABI ANAカード これって最強にポイント貯まるぞ

どこで何を買い物をしたら一番ポイントが貯まるだろうか?と質問すると、多くの人が「 …

ミニマムペイメントで返済を続けることのデメリット

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いや分割返済での毎月の最小返済額です。 契 …

飲み会に率先してクレジットカードを利用すれば断然お得!

会社員や学生は日々、同僚や仲間、取引先の人と食事や飲みの機会が多く訪れていること …

買い物でポイントをしっかり貯めたいなら通常よりも多く貯まるカードを選ぶべき

クレジットカードを使って得られるポイントを貯めたいという人も多いでしょ う。 目 …

利用明細を家計簿に!!メインカードを作ってラクラク節約

クレジットカードは、例えば同じVISAでも提携会社によってその個性は大きく違って …

海外旅行保険はクレジットカードのものを利用するのが常識

空港の国際便フロアには海外旅行傷害保険の販売窓口が多いですね。 加入料金はかなり …

これこそがブラックカードを遙かに超えたグレード パラジウムカード

クレジットカードのグレードで最高峰なのがブラックカードです。 これは誰もが知って …

プロパーカードが最も有利ではあるが…

クレジットカードには大きく分けて2種類あり、クレジットカード会社が自社で発行して …

改正割賦販売法で支払可能見込額を超えて使わせないようになった

クレジットカードに関係する法律に改正割賦販売法もあります。 2010年12 月に …

カード審査では個人信用情報のどこを見ている?

クレジットカードの審査においては必ずカード会社が信用情報機関に申請者の個人信用情 …