セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ANA機内限定品はこうすればとっても安く手に入る ANAカード

   

「この商品はANA機内でのみの購入となります」機内限定品というのは、ちょっと割高だと分かっていても買いたくなるものです。

例えば2015年のスターバックスの「ハンディーステンレスボトルさくら」はとても人気がありました。ハンディーステンレスボトルに加えて、ドリンク無料券もセットで付いているものいるのですが、機内販売価格は4500円というものでした。

同じサイズでのデザインが違うだけのステンレスボトルが3000円で売られていることを考えると、とっても欲しい限定品と言えども、ちょっと手が出なかったという人もいたようです。しかしANAカードを利用すれば、あとで後悔しないようなリーズナブルな価格でANA機内販売限定品を購入できてしまうでしょう。

ANAカードで10%OFF

機内販売を利用するときにANAカードのクレジット機能で料金を支払うと機内商品が全て10%OFFになります。先ほどのステンレスタンブラーも4050円になるということです。スターバックスのドリンク一杯無料券がついていることも考慮すると、限定商品でありながら、ほぼ外で同じ種類の製品を買うのとほぼ同じ値段で購入できてしまう計算になります。

だけじゃない!ANAの機内販売

10%OFFに加えて、今では機内でもEdyが利用できるようになりました。つまりANAカードについているEdy機能を使って買い物すると10%割引に加えて、ANAマイルがつくということです。機内に4000円の買い物をすると、200円に付き1マイル計算ですから、20マイル貯まるという計算になります。わずかではありますが2重に得するのでぜひともEdy機能を使いたいものです。

機内商品おすすめ

出典:ana.co.jp

機内販売での狙い目はやはりANA機内でしか購入できない限定商品です。絶対的に品数が少ないので価格以上のプレミアがつくためです。例えば腕時計「セイコー ソーラークロノグラフ ANAモデル」は税込みで2万2000円。「ANAオリジナル スノーボール リトルボーラーペア」は税込みで3500円でおすすめでしょう。

ANAの公式サイトを見ると常時ではありませんが、上記のような限定商品も通常10%の割引のところを、2万5000円以上買い物した時に限り20%割引するキャンペーンが行なわれています。つまりANAカードでキャンペーン期間中に上記の2つのオリジナルグッズが購入するなら、2万5500円のところ5100円引きの2万400円で購入できることになるでしょう。

ANAの限定商品は欲しくてもANAの飛行機に乗る機会がないために購入できない人もたくさんいます。ANAカードがあればマニアな限定商品も友人分までリーズナブルに購入できるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

お得特典盛りだくさんな「イオンカードセレクト」についてご紹介します!

目次1 イオンカードセレクトはどのようなカードなのでしょうか?2 イオンカードセ …

情報収集が超重要! カードで節約するならお知らせメールは必ず受け取るべき!

クレジットカードというのは、ご存知のように会員が増えれば増えるほど運営会社として …

リボ払い専用クレジットカードは使い方次第で諸刃の剣!?

・意外に多いリボ払い専用カード クレジットカードの中には最初からリボ払いをするこ …

流通系クレジットカードってなに?日々の生活で節約ができちゃう魔法のクレジットカードって本当?

・スーパーやコンビニの買いものでコツコツ節約できる! 流通系クレジットカードとい …

プロパーカードが最も有利ではあるが…

クレジットカードには大きく分けて2種類あり、クレジットカード会社が自社で発行して …

JCB CARD EXTAGE(ジェーシービーカードエクステージ)は18歳から29歳までの人を対象としたお得なクレジットカードです!

目次1 JCB CARD EXTAGEとはどのようなカードなのでしょうか?2 J …

ワンランク上のステータスがほしければプラチナカードしかない!

プラチナカードはゴールドカードよりもサービスや特典が充実したクレジットカードです …

返済ができなくなったらからと踏み倒したらどうなる?

昨今のクレジットカードは、カード利用だけで借金が膨れあがり返済不能になることは稀 …

クラシックカードからクレジットカード・ライフが始まる

クレジットカードのランクの中でクラシックカードというものがあります。 これは標準 …

クレジットカードのアンケートに答えて節約+副収入GET!

主婦などちょっとした時間が持て、大きく稼ぐつもりはない方に人気の副職としてアンケ …