セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

旅費削減なら日々の支払いをカードで行う!

   

マイレージを貯めることができるクレジットカードを使えば、旅費を大幅に節約することが可能です。

その前にそもそもマイレージとはなんでしょうか。
マイレージは元々はマイレージプログラムやマイレージサービスと呼ばれるサービスで、航空機への搭乗距離に応じて単位をマイルとしたポイントがもらえ、それを貯めることで特典航空券や座席のアップグレード特典、各種景品と交換することができるというものです。海外ではFrequent Flyer Programs(FFP)と呼ばれています。
これらは全航空会社共通ではなく、航空会社各社が独自にプログラムを展開しているので、換算方法や特典はそれぞれ違っています。また、スターアライアンスなどのグループ間では半分だけマイルがもらえるなどもありますが、やはりよく乗る飛行機があればその航空会社のマイレージプログラムに申し込んだ方がいいでしょう。プログラムへの参加は通常は入会金や年会費は無料です。

どんなマイレージプログラムがあるのか

代表的な航空会社には次のようなプログラムがあります。

日系の航空会社

・全日空(ANA) : ANAマイレージクラブ
・日本航空(JAL) : JALマイレージバンク
北米系航空会社
・ユナイテッド航空 : マイレージプラス
・デルタ航空 : スカイマイル
・エア・カナダ : アエロプラン
ヨーロッパ系航空会社
・エールフランス、KLMオランダ航空 : フライング・ブルー
・ルフトハンザ航空 : Miles & More
・ブリティッシュ・エアウェイズ : エグゼクティブ・クラブ
アジア系航空会社
・シンガポール航空 : クリスフライヤー
・タイ国際航空 : ロイヤルオーキッドプラス
・キャセイパシフィック航空 : ザ・マルコポーロクラブ
・大韓航空 : スカイパス
・チャイナエアライン : ダイナスティ・フライヤー・プログラム
・中国国際航空 : フェニックスマイル
・マレーシア航空 : エンリッチ
・ガルーダ・インドネシア航空 : ガルーダマイルズ
オセアニア・中東系航空会社
・カンタス航空 : フリークエントフライヤー
・ニュージーランド航空 : エアポインツ

ほかにもたくさんありますが、日本在住なら全日空か日航、デルタなどがオススメです。
通常はマイレージカードという会員証を持っていればいいのですが、クレジットカードと提携しているマイレージカードにすれば、普段の買いものでもマイレージが貯められますので、より節約が可能です。
ただマイレージに加入するだけでは大きな節約には繋がりません。必ずクレジットカードをセットにして、飛行機に乗っていないときにもマイレージが貯められるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

情報収集が超重要! カードで節約するならお知らせメールは必ず受け取るべき!

クレジットカードというのは、ご存知のように会員が増えれば増えるほど運営会社として …

今どきのクレジットカードに欠かせない還元率・損しないようにするための方法は何?

目次1 効率的にポイントを貯めるための3つの注意点を紹介2 実質上の値引きになる …

ANAカードの使い道 ANAホリデイ・インリゾートで極楽ってのもありみたい

マイルが貯まった!さあ何か自分のご褒美という場合どうしますか? 海外旅行は大量の …

お子さんにANAプリペイドカード 親も子どもも喜ぶ使い方

正規にANAカード以外に、子どもたちも使えるANAのカードがあります。それがAN …

クレジットカード入会は特に入会キャンペーンを狙え!

クレジットカード会社は加入者を増やすことが大切なので、入会すると特典をもらえるな …

クレジット機能無しのANAカードでもマイルが貯まる3つの方法

ANAカードの中にはクレジット機能があるタイプと、クレジット機能がないタイプのも …

旅行代のお得な貯め方 知らなかったこんな方法があったとは… ANA旅行積立

今度の夏には旅行に行きたいな。でもなかなか旅行代金をためるのは大変だなぁ。 こん …

セブンカードプラスはセブンイレブンなどを利用する機会が多い人におすすめのクレジットカードです!

セブン&アイが発行するクレジットカードは現在セブンカードプラスに統合さ …

エアラインカードで飛行機代を大幅に節約する方法とは

航空会社が提携発行するエアラインカードは、その航空会社のチケット購入などで劇的に …

新婚家庭必見! クレジットカードで育児も上手に節約できる!

クレジットカードは育児に関する節約にも大いに役立ちます。なにしろ子育てはなにかと …