セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

旅行代のお得な貯め方 知らなかったこんな方法があったとは… ANA旅行積立

   

今度の夏には旅行に行きたいな。でもなかなか旅行代金をためるのは大変だなぁ。
こんな場合どうしますか?

会社の出張などで使った航空券料金でマイルを貯めるという方法もあるのですが、なんせある程度の時間が経たないと、そしてそれなりに値段のする航空券を購入しないとマイルは貯まりませんでした。
しかしもっと効率的にお得にマイルを貯める方法があるのです。それがANA旅行積立を使う方法です。

ANAの旅行積立とは

ANA旅行積立とは、自分で期間を定めてその間少しずつお金を積み立てて旅行代を貯めるANAのプランのことです。積立の期間は自分で選ぶことができ、半年、そして任意で12、18、24、30、36、42、48、54、60回と分けて積み立てていくことができます。

出典:anas.co.jp

積み立てたお金はただ積み立てているだけでなく、積み立てたお金に加えてANA側で「サービス額分」として1.5~3%ほどの上澄みを提供してくれます。

つまり30回プランで毎月1万円ずつ積み上げていくなら30万円に+9000円のサービス額分がプラスされて、航空券等のANA商品の購入に利用できるのです。

ANA旅行積立はなぜ他の方法よりもお徳か

ANA旅行積立は、普通にマイルを貯めるよりも、効率的に旅行代を貯めることができます。普通にANAカードでマイルを貯めるには、ANAカードで航空券などを購入したとき購入代金100円に付き1マイル貯まります。還元率は1%ということになります。

ANA旅行積立のときは1.5~3倍も還元率が高いのでとっても効率的です。それだけではありません。

このANA旅行積立をANAカードを使って料金を支払って行なうと、使った分だけマイルが貯まります。つまり本来のANAカードを使って貯めるマイルにプラスして、1.5%~3%の旅行積立のサービス額分が加わるという計算になるわけです。

どんな使い道があるのか?

旅行積み立てて貯まったお金はANA航空券という形になるので、旅行費用とすることができるでしょう。しかし航空券の購入だけでなく、ANA関連の商品であればなんでも購入することができます。

例えば空港内の免税ショップ「ANA DUTY FREE SHOP」でも利用することができます。さらにANAと提携しているANAシリーズのホテルズグループジャパンやANAの機内販売でも利用することができます。

ANA旅行積立のデメリット

デメリットは、積立金に3%サービス額を足されるのですが、なんせANA関連で使える「ANA航空券」にしかならないために、使い道が制限されるというデメリットがあります。

他社航空会社を利用して旅行に行きたいと思ってもできません。必ずANAの航空券を購入しないといけないのです。さらに計画していた旅行が万が一中止になったとしても、積立金が現金として返金されることはありません。

解約することは可能ですが、満期でない場合は、解約するときは3%のサービス額は足されない額で、しかも「ANA航空券」として返還されます。さらに支払った額を下回る額のANA航空券にしかならない場合があります。

積立は確かにちょっと得ですが、確実にANAで旅行するという目処があるときのみがいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

ANA機内限定品はこうすればとっても安く手に入る ANAカード

「この商品はANA機内でのみの購入となります」機内限定品というのは、ちょっと割高 …

ポイントを貯めるための重要なコツ

ポイントを貯めるにはそれなりにコツを知っていなければなりません。 それはどのよう …

飛行機に乗る機会の多い人にはマイルが貯まるJALアメリカンエクスプレスカードをおすすめします!

JALアメリカンエキスプレスカードを利用すればマイルを効率的に貯めることができま …

ANAカードがあればビジネスホテルの値段で一流ホテルに泊まれる ANAクラウンプラザホテルの使い方

今や航空系のクレジットカードも、マイルが貯まるだけではなくなりました。ANAカー …

お子さんにANAプリペイドカード 親も子どもも喜ぶ使い方

正規にANAカード以外に、子どもたちも使えるANAのカードがあります。それがAN …

海外旅行を安く楽しむなら、クレジットカード持参は必須!

海外旅行に行くにはクレジットカードはパスポート、現金の次に大切なものです。 この …

飲み会に率先してクレジットカードを利用すれば断然お得!

会社員や学生は日々、同僚や仲間、取引先の人と食事や飲みの機会が多く訪れていること …

公共料金もカードで支払えば節約間違いなし!

暮らしている限り、必ず電気代や水道代がかかってきますね。 これが公共料金というも …

カード入会特典をもらって入会した方が得!

クレジットカードは入会すると特典をもらえるものもよくあります。 ライフスタイルに …

クレジットカードは賢く使えば食事も節約できる

クレジットカードの節約術の中で最も注目したいのはやはり使う機会の多い食事ではない …