セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

サラリーマンが節税するには?税金優遇の上手な使い方

   

サラリーマンというのは会社が税金などの計算等はすべて行ってくれています。確定申告をする必要はありません。そのため、自分で節税をしたいと思ってもなかなか実践できないものなのです。

しかし、サラリーマンであっても合法的に納税額というのは減らすことができます。裏ワザのような方法も存在しているのです。それは、個人事業を立ち上げてから経費を計上し、そして事業自体を赤字にしてください。

事業所得の赤字、そしてサラリーマンとして働いて得る給与とを損益通算することによって税金を減らすことができます。損益通算というのは、売却損などが出ている時に確定申告を行うと、すでに源泉徴収されている税金の還付を受けることができるものです。

個人事業を立ち上げるというのは難しいことではありません。個人事業の届け出というのは税務署に止められることはありませんので、どのようなジャンルの仕事でも問題はありません。個人事業において経費を積み上げていき、事業を赤字にすることになります。

自宅を仕事場にするのであれば、家賃の一部分を経費することができます。パソコンや書籍を購入したり、通信費を経費にすることもできます。

事業所得であればサラリーマンの給与と損益通算できます。ただし、ただの副業に振り分けられ、雑所得になってしまうと損益通算することができません。

個人事業を立ち上げているにも関わらず、何年もの間収入が著しく少ない場合には、税務署から本当に事業として成り立っているのかを指摘される可能性もゼロではありません。しかし、本人が事業として行っているということを言い張っていれば問題ありません。雑所得にさせないということが重要になるそうです。

事業というのはいつ利益が急激にアップするのか、ということは分かりません。これはあくまでも特別な方法になりますので、あまり数字に強くない、面倒な手続きが苦手な方にはおすすめできません。

扶養控除

16歳以上の家族や親族と生計を一緒に立てていて、その人の所得の合計が38万円以下なのであれば、扶養控除を受けることができます。養う家族や親族がいるのであれば、税金の優遇を受けることができます。同居をしている必要はありませんし、仕送りをしているような場合であっても扶養控除の対象になります。

医療費控除

高額の医療費を支払ったのであれば、医療費控除を申請するようにしてください。年間10万円以上の医療費を支払ったのであれば、確定申告で払いすぎてしまった税金が戻ってくる可能性もあります。

家族全員の領収書、レシートといったものを集めてから、治療費なども医療費控除の対象として利用しなければ勿体無いといえます。このように、サラリーマンであっても節税対策ということは可能ですので、忘れずに行うようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

パート妻ができる年収と年金の増やし方とは

共働き家庭において欠かせないことは、夫婦での収入についてです。扶養範囲を超えるこ …

サラリーマンが直面する3つの危機

サラリーマンは人生において3つの危機に晒されると言われています。その1つが住宅の …

マイナンバーで副業や扶養手当の不正がバレる!

2015年から16年にかけて非常に大きな出来事としてはマイナンバーです。このマイ …

お金を稼ぐために知っておきたい絶対優位と比較優位

いろいろなことがグローバル化した現代は物事を考えるときに単純に分析していくと判断 …

パートの年収の基礎控除は?年金や健康保険はどうなるの?

サラリーマンの収入というのはなかなか伸びない現代において、パートで働いている女性 …

お金を賢く遣うなら、投資・消費・浪費に分けてルール化をする!

単純に言ってみれば、お金を貯めるのは収入からいかに出費を減らして、余剰分を作るか …

知らないと損するスマートレターのちょっと変わった取り扱い方法

スマートレターの取り扱い場所は郵便局だけではない 節約を愛する人にとって情報は重 …

成功の秘訣は、夢中になれることから価値を創造すること!

最近のテレビやマスコミは成功者の話をよく取り上げていますね。 要するに視聴者や読 …

お金の教養は格差への対抗策? 自己投資のために身につけたい4つの知識

お金を稼いだり、貯めたりするには無知ではいけません。 無知ではお金を賢く貯めたり …

スマートレターを使ったほうがお得になる3つのケース

スマートレターの使い道を探る 以前は普通郵便だけだった郵便事業も、郵政民営化もあ …