セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

スマートレターの書き方出し方(送り方)丸分かり

   

こんなに手続き楽チンなスマートレター

新しく出たスマートレター、新しいサービスなのは知ってるけど使い方が分からないので敬遠という方も多いのではないでしょうか?ところがこのスマートレター、他の郵送方法と比べると恐ろしく取り扱いが楽チンなんです。

スマートレターの書き方と出し方を誰でもわかるようにまとめてみました。次の3つのことを理解すれば、もう明日からお得なスマートレターが使いこなせます。

スマートレターを買う

スマートレターはまず180円の専用封筒を買うことから始まりますが、正直、これでおしまいです。なぜなら切手も貼る必要がなければのりなどを用意する必要もないからです。スマートレターは郵便局だけでなく、ローソンやミニストップなどのコンビニエンスストアで購入することもできます。

あて先と送り主の郵便番号・住所・名前を記入

今までの普通郵便同様となんら変わりません。買った封筒にはあて先と送り主の郵便番号・住所・名前を書く欄が既に用意されているので、そこにボールペンでサラサラと記入するだけです。切手さえ貼る必要はありません。

必要なものを入れ封をする。

送りたいものを入れます。スマートレターに入れられるものであっても厚さは2cmまで重さは1kgまでという規定があるので、その点だけ確認します。この範囲内であれば商品でも信書(手紙、領収書など)でも自由に入れることができます。

もちろん他の郵送方法同様、現金と爆発物は入れることはできません。商品によってはプチプチの保護シートなどで覆う必要もあるでしょうが、スマートレターの入れ物そのものが厚紙で結構丈夫なのはうれしい点です。

必要なものを入れ終わったら封をするのですが、これは普通郵便より便利な点ですが、糊がいりません。テープをはがせば粘着面が出てくるのでそれをペタリと貼り付ければ簡単に封ができます。

郵便ポストに投函

出し方は郵便ポストに投函するだけです。もちろん直接郵便局に持って行ってもいいですし、街中の郵便ポストに入れてもいいでしょう。ローソンには店内にポストがあるのでローソンでスマートレターを買って、その場でボールペンで書いて物入れて出すというのも可能です。

便利さは随一のスマートレター

このように何もめんどくさいところがないのがスマートレターの長所ではありますが、集荷依頼ができないなど特別な便利さもありません。値段も180円と高くはないので、簡単に何かを送りたいというときには使いやすいシステムでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

サラリーマンが節税するには?税金優遇の上手な使い方

サラリーマンというのは会社が税金などの計算等はすべて行ってくれています。確定申告 …

サラリーマンが直面する3つの危機

サラリーマンは人生において3つの危機に晒されると言われています。その1つが住宅の …

お金の歴史を学んで本質を見極めていくことが儲けることへの近道

お金は生活をしていく上でなくてはならないものです。 人はお金を稼ぐために仕事をし …

人間が直感的に物事を選ぶヒューリスティックをビジネスに活用する

人間がなにか行動をしたり、選択したりする場合、結構直感的に物事を判断したりします …

マイナンバー制度って?マイナンバーが生活を変える5つのポイント

マイナンバー制度というのはどのような制度になるのでしょうか。このマイナンバーは社 …

資産と負債の考え方は実は時代と共に変化していた!

理想的なお金持ちというのは資産がたくさんあって、負債がないことです。 これは会社 …

スマートレターって何者? 分かりやすい4つの特徴

スマートレターという新サービスを理解する 2015年4月にスマートレターというサ …

知らないと損するスマートレターのちょっと変わった取り扱い方法

スマートレターの取り扱い場所は郵便局だけではない 節約を愛する人にとって情報は重 …

まずは手にしてもらうことでビジネスが始まる保有効果を体得しておこう

誰しも自分が持っているものに愛着というのがあるかと思います。 子どもならおもちゃ …

法人税の減税は難しい?その背後に優遇減税の存在が

複雑に絡み合う利権…優遇減税の見直しは簡単ではない? 法人税減税に動く政府 安倍 …