セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

スマートレターって何者? 分かりやすい4つの特徴

   

スマートレターという新サービスを理解する

2015年4月にスマートレターというサービスが開始しました。ですがまだ利用したことがないという人も多いでしょう。利用の仕方がいまいち分からないと結局は慣れ親しんだ普通郵便で送っちゃおうというのが心情というものです。

ですが要は慣れてしまえば普通郵便よりもかなりお得にいろんなもの発送できます。毎月いろんなものを発送する必要がある人にとってはちょっとした知識があるだけでかなりの節約となります。そこで簡単にスマートレターとは何か理解しましょう。

スマートレターってどんなもの?

スマートレターはA5サイズの封書を全国180円均一で送るというもので、封書の厚さは2cmまで、重さは1kgまでという制限があります。簡単に言えばこんなものなのですが、他の郵送方法との違いを理解し郵送代金を少しでも節約するには次の4つの特徴を理解する必要があります。

条件によっては安くなったり高くなったり

スマートレターは1kg以内のA5サイズの封筒を運ぶというものですが、実は今までも同じA5サイズのものを普通郵便で送ることもできました。しかし重くなるにつれて料金が上がるというシステムだったのです。

普通郵便だとA5サイズで100gを超えると200円以上していました。1kgだと580円も切手を買う必要があったのです。普通郵便ではなくスマートレターとして郵送すれば180円で済むのでお得というわけです。

しかしその逆で100g以下のものだと140円の切手を貼れば送れてしまうことになります。さらに同じ日本郵便のクイックポストというサービスは、スマートレターのサービスと条件が非常に似ており、164円で送れてしまいます。中に信書(手紙類)を入れないのであれば、スマートレターが安いとも言えません。

信書が送れる

これがスマートレターの最大の長所といっても過言ではありません。信書(手紙)は封書に入れて指定業者が運ばなくてはいけないというルールがあります。しかしこのルールは曖昧でヤマト運輸のクロネコメール便で信書が送られていたり、ダンボールのみかんの中に「お母さんの手紙」などが入っていても、さほど問題視されていませんでした。

ですがここ数年、クロネコメール便の信書配達の検挙を受けて、信書の取り扱いが厳格適用がなされる風潮があります。もし許可されてない方法で信書が送られると送り主と運送事業者に3年以下の懲役か300万円以下の罰金が課せられることになっているので、思わぬ出費とならないためにも、信書を送りたい場合は宅急便でもクイックポストでもなくスマートレターを使うといいでしょう。

取り扱いが楽

スマートレターや普通郵便以外の運送方法は、取り扱いが複雑という難点があります。例えば宅急便は送りたい物を出すのに荷受をしてもらうか、事業所に出向かなくてはいけませんし、クイックポストは専用の書式をプリンターで印刷しなくてはいけません。

しかしスマートレターは専用封筒を買って、ポストに入れるだけで非常に取り扱いがシンプルなのです。時は金なりですから、時間を節約したい人にはおススメの方法ということになります。

追跡サービスはない

スマートレターは普通郵便と同じで追跡サービスはありません。つまり送ったかどうかがはっきりと証明されないので、オークションなどの送品発送には適さないという意味です。

以前のあったヤマトのメール便などは追跡調査ができたのでよかったのですが、それに替わるものとはならないようです。「送った、送ってないの問題」が起きて予定外の出費にならないためにもスマートレターの取り扱いには注意が必要でしょう。

スマートレターでは送れないもの

スマートレターは信書も送れるのですが、現金、貴金属等の貴重品及び爆発物・毒劇物等の危険物等は送れないとなっています。当然と言えば当然でしょう。

厚さは2cmという縛りもあるため封筒に洋服などを詰め込んで送ろうとしても難しいでしょう。やはり信書を送るのに最も適していると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 51
    follow us in feedly

  関連記事

自己投資で未来の自分が利益を受け取る!

お金の遣い方には様々なものがありますが、お金に教養を持っていると自負するならば、 …

マイホームもマイカーも現代では資産ではなく、リスク製造機になり得る!?

一般的には資産といえばマイカーやマイホーム、宝石や株券など、換金できるものという …

お金を賢く遣うなら、投資・消費・浪費に分けてルール化をする!

単純に言ってみれば、お金を貯めるのは収入からいかに出費を減らして、余剰分を作るか …

スマートレターを使ったほうがお得になる3つのケース

スマートレターの使い道を探る 以前は普通郵便だけだった郵便事業も、郵政民営化もあ …

サンクコストは生活にも応用できて節約・貯金の上級者になれる!

お金を節約したり、貯めたりするのは子どもと違ってただ貯金箱や銀行口座にお金を入れ …

サラリーマンが直面する3つの危機

サラリーマンは人生において3つの危機に晒されると言われています。その1つが住宅の …

人間が直感的に物事を選ぶヒューリスティックをビジネスに活用する

人間がなにか行動をしたり、選択したりする場合、結構直感的に物事を判断したりします …

損して得取れ! 機会損失の意味を知っている人の行動パターン

機会損失という言葉を知っていますか? 簡単に言えば、目の前の小さなことにこだわっ …

お金に無知は結構恐いことなのだと知っておくだけでも違う

生きていく上で大切なのはお金です。 なにはともあれお金さえあれば、大概のことはな …

マイナンバー制度って?マイナンバーが生活を変える5つのポイント

マイナンバー制度というのはどのような制度になるのでしょうか。このマイナンバーは社 …