セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

サンクコストは生活にも応用できて節約・貯金の上級者になれる!

   

お金を節約したり、貯めたりするのは子どもと違ってただ貯金箱や銀行口座にお金を入れればいいだけではありません。
利率が物価上昇率と比べてどうなのか
投資先に回せばどれだけリターンがあるのか、そしてそのリスクはどうか。
講習会に参加して自己投資するなど、今はマイナスでも10年後に収入がアップするかもしれないなど、いろいろなことを総合的に判断しながら比べていかなければならないのが現代における節約と貯金です。

そのときに参考になるひとつの知識としてサンクコストがあります。
日本語では埋没費用というのですが、事業や行為に投下した資金や労力のうち、撤退や縮小、中止をしても戻って来ない投下資金や労力を指します。
投資対象が無駄であった場合に発生するものではなく、あくまでも回収できない費用ということになります。

例えば

演劇鑑賞をしてきたとします。
これが実につまらない。

最初の10分で嫌になりました。
チケットはひとり5000円もしています。
おもしろければいいのですが、つまらないのに5000円は厳しいですね。
この場合、どういった行動を取るべきでしょうか。
演劇は2時間にも及びます。

選択1 : すぐに会場を去る
選択2 : がんばって最後まで観る

大きく分けてこういったところでしょう。
このときのサンクコストは5000円と10分です。
どちらの選択肢でもつまらないと気がつくまでに10分を損しており、5000円も返ってきません。
選択2の場合は残りの1時間50分も一緒に損をすることになります。
こういったコストを考えることで、そのお金を有効に使えるようになるというわけです。

サンクコストと機会費用で物事を合理的に見ていくべき

サンクコストと同時に機会費用を考えると、物事を合理的に判断でき、結果的にお金に関する有益な選択をすることが可能になるでしょう。
機会費用は使ってしまった時間でほかのなにかをして得られたであろう利益のことです。
先の例においては、5000円と10分間はサンクコスト、この場合授業料として損になりましたが、選択1の1時間50分でなにか有益なことをしていれば利益に変換できたかもしれません。
しかし、多くの人は5000円がもったいないので、我慢して最後まで観てしまいます。
つまり、選択2を採るわけです。
機会費用はもし選択2を選んだときに失われる、選択1の時間を考えることでもあります。

こういうケースを機会費用で考えると、人は正しい判断ができるようになるかもしれません。
サンクコストの5000円のチケット代と10分はどんなことをしても返ってはこないので考えるのは止めて、残りの1時間50分で仕事をすれば5000円の損失はすぐに取り戻せているかもしれないと考えましょう。
あるいは、仕事ではなく自己投資をして数年後の自分に返ってくるようにするべきです。
このようにサンクコストも考えるべきですが、それだけでは「もったいない」が先に来て判断を鈍らせる場合があるので、機会費用も組み合わせて有益になるように判断を下していくべきです。
この考え方を身につけられれば同時にお金の教養を身につけることに繋がり、ビジネスを効率よく行い、賢くお金を遣い、貯めることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 61
    follow us in feedly

  関連記事

パート妻ができる年収と年金の増やし方とは

共働き家庭において欠かせないことは、夫婦での収入についてです。扶養範囲を超えるこ …

お金を稼ぐために知っておきたい絶対優位と比較優位

いろいろなことがグローバル化した現代は物事を考えるときに単純に分析していくと判断 …

シンプルで超効果的な交渉テクニック アンカリング効果をどんどん利用しよう!

ビジネス上のテクニックでアンカリング、もしくはアンカリング効果というものがありま …

人間が直感的に物事を選ぶヒューリスティックをビジネスに活用する

人間がなにか行動をしたり、選択したりする場合、結構直感的に物事を判断したりします …

発送メインはスマートレターよりもクリックポスト…とも限らない理由

ヤマトのメール便がなくなった今代替発送方法を探す ヤマト運輸のメール便が2015 …

自己投資で未来の自分が利益を受け取る!

お金の遣い方には様々なものがありますが、お金に教養を持っていると自負するならば、 …

社会保険に加入するメリットってどんなこと?

パートタイマーで働いている方の、社会保険の適用範囲が、雇用保険と同じように1週間 …

法人税の減税は難しい?その背後に優遇減税の存在が

複雑に絡み合う利権…優遇減税の見直しは簡単ではない? 法人税減税に動く政府 安倍 …

お金を賢く遣うなら、投資・消費・浪費に分けてルール化をする!

単純に言ってみれば、お金を貯めるのは収入からいかに出費を減らして、余剰分を作るか …

サラリーマンが直面する3つの危機

サラリーマンは人生において3つの危機に晒されると言われています。その1つが住宅の …