セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

損して得取れ! 機会損失の意味を知っている人の行動パターン

   

機会損失という言葉を知っていますか?

簡単に言えば、目の前の小さなことにこだわってしまい、そのうしろの大きなチャンスを逃していることです。

例えばです。
あなたが会社の営業だとして、外回りが終わりました。
今から会社に戻るのですが、最寄り駅はここから徒歩20分、電車で1時間、会社まで到着駅からまた徒歩で10分です。
合計1.5時間ですが、費用はたった500円です。

もしここでタクシーを使えば10倍の5000円がかかりますが、およそ30分で帰着できます。

普通に考えると500円の方が安くていいわけですが、でも、5000円かけて早く帰れば見積もりのひとつふたつを作って5000万円の契約を取ることができるかもしれません。

大雑把な例ですが、たった4500円を浮かせるために5000万円の売上を棒に振っています。これが機会損失です。

目の前の小さな利益を選ぶばかりに、その先の大きな利益を得る機会を失っているわけです。
会社員の場合はタクシーを勝手に使うわけにはいかないので難しいかもしれませんが、経営者の場合はやはり後者の方に頭が回らないと賢いビジネスをしているとは言い難いですね。

しかも、4500円を損をしてでも取った5000万円の仕事がうまく行けば、さらに新しい仕事が入ってきます。
損して得取れとはまさにこのことです。
機会損失をいつも考えている人は総合的に判断して行動ができる人で、経営者向きですね。
会社員でもこういった考え方ができれば売上も増えて、待遇もよくなることでしょう。

機会損失は直接お金を失っていると思うべし!

機会損失はともすると損失が見えてこない場合があります。
さっきの例においても電車を使った場合、5000万円は手に入りませんでしたが、実質的に会社利益がマイナスになったわけではないので、目に見えてわかるわけではありません。
ですので、あまり賢くない経営者はどうしてもタクシーを使わずに電車を利用する傾向にありますね。

会社の場合はこれでもいいかもしれませんが、貯金や貯蓄において機会損失をしているのは非常にもったいない。
まさに無知の所業です。
お金を増やすに当たっての機会損失というのは例えばFXや株取引でもしかしたらもっと利益が出るかもしれないだとか、損失をカバーできるかもしれないと取引チャンスを逃している場合などがあります
しっかりとアンテナを張って、情報収集を怠らないことと、チャンスをしっかりと認識して実行できるスタンスが必要です。
これらはちょっとした訓練で身につくものです。

得られるはずだった利益が得られないということは、単純に言えば収入が減るということになります。
ですので、貯金や貯蓄、ビジネスにおいては機会損失は直接的にお金を失っていると思った方がいいでしょう。
そう肝に銘じて先回りで行動するべきです。
貯金や貯蓄は元金、利息、そして時間がものをいいます。
あとになればなるほどその機会損失が響いてきます。
目標額に貯まらなかったお金では、ほしかった製品は買えません。
ということは実際にお金を失ったも同然です。

目の前の利益に惑わされず、総合的に判断を下し、機会損失をできるだけ回避する選択をしましょう。
そのためにはとにもかくにも勉強と情報収集です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

サラリーマンが節税するには?税金優遇の上手な使い方

サラリーマンというのは会社が税金などの計算等はすべて行ってくれています。確定申告 …

マイナンバーで副業や扶養手当の不正がバレる!

2015年から16年にかけて非常に大きな出来事としてはマイナンバーです。このマイ …

マイナンバー制度って?マイナンバーが生活を変える5つのポイント

マイナンバー制度というのはどのような制度になるのでしょうか。このマイナンバーは社 …

自己投資で未来の自分が利益を受け取る!

お金の遣い方には様々なものがありますが、お金に教養を持っていると自負するならば、 …

マイホームもマイカーも現代では資産ではなく、リスク製造機になり得る!?

一般的には資産といえばマイカーやマイホーム、宝石や株券など、換金できるものという …

租税特別措置の一種である政策減税・その効果はどのような感じ?

政策減税に効果なし?税制改正論議に影響?? 一般減税と政策減税 仕事などをして所 …

資産と負債の考え方は実は時代と共に変化していた!

理想的なお金持ちというのは資産がたくさんあって、負債がないことです。 これは会社 …

知らないと損するスマートレターのちょっと変わった取り扱い方法

スマートレターの取り扱い場所は郵便局だけではない 節約を愛する人にとって情報は重 …

スマートレターって何者? 分かりやすい4つの特徴

スマートレターという新サービスを理解する 2015年4月にスマートレターというサ …

人間が直感的に物事を選ぶヒューリスティックをビジネスに活用する

人間がなにか行動をしたり、選択したりする場合、結構直感的に物事を判断したりします …