セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

語学に関する資格取得でネット収入を目指す!在宅翻訳など仕事がたくさん!

   

在宅ワークもネットを通じてやり取りできるようになってきたため、昔と比べれば随分と色々な仕事を探せるようになってきました。

特定のスキルをもっている人ほど稼ぎやすいのは在宅ワークも同じこと。そして需要が多いのにできる人が少ないのが「語学」に関するお仕事です。ですので、有利になる語学関連の資格を取得することで収入アップや職業の幅が広げられるチャンス。

仕事柄、語学関係の資格をすでに持っている人も多いのではないでしょうか。それを使わないのはもったいない!上手にアピールするのが難しい…と感じられるなら、資格のアピールはもちろんですが、実績を紹介するのもとても有効です。

ここでは語学に関する資格について紹介していきます。

■TOEIC

定番の資格といえばやはりTOEICです。ネットやコンビニから手軽に申し込めますし、受験資格に制限はありません。退職後、在宅ワークで家計を支えたいと思っている方々もTOEICを積極的に受けている人が多いようです。

アメリカで開発された英語に関するコミュニケーションテストで、スコア評価を採用。つまり、高得点が取れる人ほど英語力に長けていると分かります。

在宅での翻訳の仕事は英語が多い傾向にあります。世界の標準語ですので、当然といえば当然。

ビジネス英語レベルがあれば、十分即戦力として働き始められるので、まずは600を目指してみましょう。

翻訳の種類にもよりますが、説明文や取扱説明書の翻訳なら大体600以上あれば問題ないと思います。分からない用語が出てきたらそのつど調べれば良いわけですので。しかし小説など表現が求められるものになってくると、800~900ほどのスコアが要求されることもあるようです。

自分のスコアに応じて仕事を選びやすくなるのもTOEICの魅力だと言えるのではないでしょうか。

■翻訳技能認定

サン・フレアアカデミーが運営している民間資格です。名前の通り、翻訳者の人材育成を目指した検定となっています。

各専門分野の知識に分けた資格、そして英語、ドイツ語…といった語学に細分化されています。非常に多彩な資格取得が目指せるので、特定の語学や分野に特化したいと思っているなら翻訳技能認定を選ぶ価値は大きいです。

例えば、英語部門だと電気・電子、機械、IT・通信、医学・薬学、化学、農業、建築・土木、ビジネス法務・契約…といった20種類もの試験が用意されています。

■JTFほんやく検定

日本翻訳連盟(JTF)が運営している検定試験です。インターネット受験のみ開催されているので、わざわざ自宅から試験を受けに行くのが面倒…という人にぴったり。

特にネットで翻訳を始めとした語学系の副業を選ぶ人が増えていることから、この資格が注目されています。

試験はレベル別に用意されていて、例えば基礎レベル(4~5級)なら、英文読解力、日本語表現力の基礎ができていること、実用レベル翻訳(1~3級)だと社会、科学、医学、金融、情報処理、特許の6分野のひとつのエキスパートとして認められます。

先述した翻訳技能認定と同様に専門知識を有した翻訳者とみなされるので、もっと仕事の質が上がり、より良い仕事を探しやすくなりますね。

■資格ではないけれど…パソコンが使えること

語学の資格を活かした在宅ワーク、ネット収入のほとんどは、パソコンを通じてあれこれやり取りすることになります。そこで次のポイントは最低限クリアしておきたいところ。

●タイピング

文字入力スピード=収入と言っても過言ではありません。ほとんどは「○○文字あたり○○円」といった契約内容となっているので、まごまごと文字を打っていても稼げるのは高が知れています。しかし、パパッとタイピングができれば短時間でより多くの翻訳ができるため、単純に稼げます。タイピングについては、最初は余計時間がかかるように感じられるかもしれませんが、まずはじっくりとブラインドタッチから練習すると、あっという間に上達します。

●ファイルの圧縮や解凍

普段からパソコンを使い慣れていれば、そう問題にはならないでしょう。しかし、翻訳会社が指定したソフトを使わなくてはならない…といった状況も考えられるので、ある程度の知識はあった方が有利です。

●ワードやエクセル

これらは多少使える程度、どこに何があるのか分かる程度…のレベルで問題ないことが多いです。ほとんどの翻訳会社はテンプレート化して仕事を送ってくれるので、指定された箇所に文字を入力するだけ、といった簡単なものになっているはずです。

ワード、エクセルに関しては、基本的な操作を理解できていれば十分!

●ネットで情報収集

どうしても分からない情報があったり、最新のトレンドを把握したい…といったときはネットを活用することになります。いまや当たり前の時代になってきましたね。英語のサイトなどを閲覧する機会も多いでしょうから、仕事に取り掛かる前にある程度流れを確認しておいたほうが良さそうです。

■まとめ


語学に関する在宅ワークや収入アップは資格や実績がないとなかなか採用してもらえないのが現状です。実績があるなら資格が無くても大丈夫なところも多いですが、最低限TOEICは受けておきたいところ。

またパソコンは必要不可欠なツールになります。「調子が悪かったので納期に間に合いそうにありません」は通じませんし、報酬が出ている以上あってはならないこと。

パソコンを使いこなせればそれだけ効率よく作業を進められる=より収入アップが目指せる!という風に考えることもできるので、あわせてパソコンの勉強もしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 65
    follow us in feedly

  関連記事

自宅でカウンセラーとして活躍するための覚えておきたいポイントと役に立つ資格

生活水準そのものは昔よりもずっと豊かになっている現代の日本ですが、心にわだかまり …

美容関連資格を取って収入アップを目指す!自宅でサロンを開業しよう

私たちの身の回りには実に様々なサロンがあります。 美容院、ネイルサロン、マツエク …

資格を取って自宅をピラティス教室として開業しよう

海外でブームになり、日本でも流行しているピラティス。 体と心をコントロールするこ …

ヨガ講師の資格を取って自宅でヨガ教室を開業しよう

自宅を使ったり、貸しスタジオを使ってお金をかけることなく事業を始めたいと考える人 …

食品関連の資格を取って在宅ワークや収入アップにつなげよう

ネット収入を目指すために在宅ワークを検討している人も多いと思います。 確かにこれ …

簡単にとれてけっこう稼げる!フォークリフトの資格を目指してみよう

求人情報誌や求人サイトなどを見ていると「フォークリフトの資格を持っている人募集! …

意外と稼ぎに使えるかも?誰得な面白い資格たち

資格を取る=稼ぐため、あるいはキャリアアップのためというイメージがありますが、世 …